この星の格闘技を追いかける

【Quintet FN04】GoZo、斎藤裕、樋口翔己のチーム・パラエストラに八隅孝平が合流!! そして本間祐輔も

Kohei Yasumi【写真】11月10日のパンクラスに出場する田中半蔵とのMMAグラップリングを行う八隅。下になってはいけないグラップル、下になれるグラップリングのどちらにも精通しているヤスミンの出番がついに来たっ!! (C)

29日(火)、Quintetより11月30日(土)に秋田市・秋田氏文化会館で開催されるQuintet Fight Nhgt04 in Akitaに出場が発表されていたTEAM PARAESTRAの出場メンバーが明らかとなった。

「秋田ねわざ祭り2019」の初日に行われるQuintet FC04。TEAM CARPE DIEM=岩﨑正寛、世羅智茂、山田崇太郎、橋本知之、田村幸成とTEAM SAKURABA=中村大介、出花崇太郎、星野勇二、鈴木和宏+1人、TEAM K-TOP BJJ=チャン・インソン、チェ・ヨンソン、チェ・ワンキ、チョ・ジュンヨン、イ・ギョンソプに続き、日本ブラジリアン柔術の老舗アカデミーから参戦する5人のメンバーが決まった。


中井祐樹が選抜したメンバーは2004年ムンジアル茶帯ガロ級準優勝で現パラエストラ八王子代表の塩田GoZo歩。現プロ修斗世界フェザー級王者でパラエストラ小岩所属の斎藤裕。さらに2007年&2008年のムンジアル黒帯ルースター級準優勝及び2015年ノーギワールズ黒帯ルースター級準優勝──パラエストラ札幌からカルペディエム、そしてIGLOO柔術を経て再びパラエストラ所属として本間祐輔。またパラエストラ吉祥寺所属で昨年の全日本ノーギ選手権エキスパート・ライト級で岩本健汰を破り優勝している樋口翔己も大舞台に抜擢された。

この4人に法政大学レスリング部から中井の門を叩き、プロ修斗で活躍後にパラエストラ世田谷ロータスをオープンさせ、2009年にはADCC日本代表となった八隅孝平がチーム・パラエストラの構成メンバーにその名を連ねた。現在ではパラエストラ・ネットワークから離れロータス世田谷代表なった八隅が古巣のメンバーに加わった形だ。

八隅は月曜午前と金曜午後の週に2回、自らの城でYBTというプロMMAファイターたちのグラップリング練習会を──クロスポイント渋谷時代から15年近くに渡り主宰しており、今も青木真也、北岡悟、宇野薫、田中路教、松嶋こよみ、岩本らと週に2度、「どこを目指しているのか」と現役ファイターに言わしめるほどの熱量でハードスパーリングに勤しんでいる。レスリングと柔術の融合を果たし、日本を代表するグラップラーとなった八隅は「こんな機会でもないと秋田に行くこともできない」ととぼけた参戦理由を口にする一方で、新旧パラエストラ勢の合体チームをどう牽引するのか。

5人中4人がMMAを経験し、やや平均年齢は高いが柔術、ノーギ、柔術で日本を代表する活躍をしたメンバーが揃うパラエストラ勢は、柔術とMMAの歴史で一片の絵を描いてきた中井祐樹ドリームチームといえよう。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie