この星の格闘技を追いかける

【Pancrase309】前に出る勢いの東、組みのコントロールと打の精度のフォンテスに1-2で敗れる

Fontes【写真】パンチの精度、組みのコントロールでフォンテスが東を破った (C)KEISUKE TAKAZAWA/MMAPLANET

<女子バンタム級/5分3R>
タチアネ・フォンテス(ブラジル)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
東陽子(日本)

ワンツーを当てたフォンテス。東のジャブに左フックを当てる。ダブルジャブにも左を受けた東は組んでいくが、逆にボディロックからシングルレッグ、さらにボディロックでテイクダウンを取られる。バックを取られそうになりながらキムラロックに取った東は、ワンフックで寝技に持ち込まれるも、ストレートアームバーを仕掛ける。クラッチを放し、トップを選んだ東は、ディープハーフのフォンテスを殴り、立ち上がると内股で投げる。

スイープを決め、スクランブルでバックを取ったフォンテスが正対しヒザを蹴る。払い腰で投げた東だが、すぐに立ち上がったフォンテスに遅れをとりガードを強いられ初回を失った。

2R、右を当てた東が前に出る。フォンテスはレンジの外に立ち、右ローを蹴っていく。ローに右を合わせた東がボディを入れる。動きが落ちているフォンテスは、手数も少なくなっているが、ワンツーで前に出る。東の前蹴りでバランスを崩したフォンテスは、すぐに立ち上がらずガードを取る。クローズドがから腕十字を狙ったフォンテスがヒザ十字へ。防御より殴りにいった東だが、ヒザを畳んで防御しラウンドを取り返した。

最終回、右を当てた東。フォンテスも右を返す。それでも下がり気味で、上体が起きてしまっているフォンテスに東がパンチを連打する。組んだフォンテスは、投げを許さずボディロックテイクダウンを決めるとバックに回って両足をフックする。腰を上げた東は、フォンテスがフックを解いた瞬間に一気に立ち上がってバックから逃れる。前に出た東は、組んでケージに詰められても、払い腰を仕掛けて離れる。

直後に東がワンツー、ジャブで前に出る。フォンテスもワンツーを見せ、右ストレートをヒットさせる。東のジャブ、左フックを届かずフォンテスが右を2発当てる。前に出るが、パンチの精度でフォンテスが上というなかで、組ませなかった東は前に出る。下がりながらガードを固め、パンチを出したフォンテス。前に出てパンチを打っていった東。投げを潰してテイクダウン、バックを制したフォンテス、打撃のプレッシャーの東──どちらが評価されるか。結果、2-1でフォンテスがスプリットを制した。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie