この星の格闘技を追いかける

【UFC ESPN04】試合結果 メインカードは連続KOショーを経て、エドワーズが渋くドスアンジョス越え

2019.07.22

20日(土・現地時間)、テキサス州サンアントニオのAT&TセンターでUFC on ESPN04「Aod Anjos vs Edawrds」が行われた。

ダニエル・フッカーがジェイムス・ヴィックを2分33秒、グレッグ・ハーディーがジュアン・アダムスを45秒、そしてウォルト・ハリスがアレクセイ・オレイニクを僅か12秒でKOと、メインカードに入って加速した同大会。

メインは逆にレオン・エドワースが左ストレートと左フックを打ち分け、組み合いでもエルボーを有効利用しハファエル・ドスアンジョスを削り一方的な判定勝利を手にしている。エドワーズはこれで8連勝とした。

UFC二戦目となった元DEEPバンタム級王者ソン・ジンスはマリオ・バウティスタに判定負けに連敗、悔しいファイト・オブ・ザ・ナイト獲得となっている。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=マリオ・バウティスタ✖ソン・ジンス
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=ダニエル・フッカーウォルト・ハリス


UFC on ESPN04「Aod Anjos vs Edawrds」
<ウェルター級/5分5R>
○レオン・エドワーズ(英国)5R
判定
詳細はコチラ
×ハファエル・ドスアンジョス(ブラジル)
<ヘビー級/5分3R>
○ウォルト・ハリス(米国)1R0分12秒
KO
詳細はコチラ
×アレクセイ・オレイニク(ロシア)
<ヘビー級/5分3R>
○グレッグ・ハーディー(米国)1R0分45秒
TKO
詳細はコチラ
×ジュアン・アダムス(米国)
<ライト級/5分3R>
○ダニエル・フッカー(ニュージーランド)1R2分33秒by KO
詳細はコチラ
×ジェイムス・ヴィック(米国)
<ライト級/5分3R>
○アレキサンダー・ヘルナンデス(米国)3R
判定
×フランシスコ・トリナルド(ブラジル)
<ヘビー級/5分3R>
○アンドレイ・オルロフスキー(ベラルーシ)3R
判定
詳細はコチラ
×ベン・ロズウェル(米国)
<フェザー級/5分3R>
○アレックス・カサレス(米国)3R
判定
×スティーブン・ピーターソン(米国)
<女子バンタム級/5分3R>
○ラケル・ペニントン(米国)3R
判定
×アイリーン・アルダナ(メキシコ)
<ライトヘビー級/5分3R>
○クレジソン・アベレウ(ブラジル)3R
判定
×敗者
<129ポンド契約/5分3R>
○ジェニファー・マイア(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ロクサン・モダフェリ(米国)
<バンタム級/5分3R>
○レイ・ボーグ(米国)3R
判定
×ガブリエル・シウバ(ブラジル)
<バンタム級/5分3R>
○マリオ・バウティスタ(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ソン・ジンス(韓国)
<バンタム級/5分3R>
○フィリッピ・コラレス(ブラジル)3R
判定
詳細はコチラ
×ドミンゴ・ピラルテ(米国)

■ 対戦カード

<ウェルター級/5分5R>
ハファエル・ドスアンジョス(ブラジル)
レオン・エドワーズ(英国)

<ヘビー級/5分3R>
アレクセイ・オレイニク(ロシア)
ウォルト・ハリス(米国)

<ヘビー級/5分3R>
グレッグ・ハーディー(米国)
ジュアン・アダムス(米国)

<ライト級/5分3R>
ジェイムス・ヴィック(米国)
ダニエル・フッカー(ニュージーランド)

<ライト級/5分3R>
フランシスコ・トリナルド(ブラジル)
アレキサンダー・ヘルナンデス(米国)

<ヘビー級/5分3R>
アンドレイ・オルロフスキー(ベラルーシ)
ベン・ロズウェル(米国)

<フェザー級/5分3R>
アレックス・カサレス(米国)
スティーブン・ピーターソン(米国)

<バンタム級/5分3R>
ラケル・ペニントン(米国)
アイリーン・アルダナ(メキシコ)

<ライトヘビー級/5分3R>
サム・アルヴィー(米国)
クレジソン・ファリアス(ブラジル)

<女子フライ級/5分3R>
ロクサン・モダフェリ(米国)
ジェニファー・マイア(米国)

<バンタム級/5分3R>
レイ・ボーグ(米国)
ガブリエル・シウバ(ブラジル)

<バンタム級/5分3R>
マリオ・バウティスタ(米国)
ソン・ジンス(韓国)

<バンタム級/5分3R>
ドミンゴ・ピラルテ(米国)
フィリッピ・コラレス(ブラジル)

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie