この星の格闘技を追いかける

【UFC ESPN04】無念、ロクサンが体重オーバーのジェニファー・マイアに判定負け

<129ポンド契約/5分3R>
ジェニファー・マイア(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ロクサン・モダフェリ(米国)

体重4ポンド・オーバーのマイアとの再戦に挑んだロクサン。左ジャブを見せ、右をいきなり打ち込んだロクサンに対し、マイアが左フックを返していく。右アッパーをロクサンの前進に合わせるマイアが、ワンツーを繰り出す。組んだロクサンがケージにマイアを押し込む。左を差してテイクダウンを許さないマイアが、回って体を入れ替える。押し返したロクサンは小外掛けも、マイアが倒れずダーティーボクシングを続ける。

一旦離れたロクサンがダブルレッグへ。マイアは左腕を差し替し、ダブルアンダーフックならネルソン、そのままケージに押し込む。小手投げを仕掛けたロクサンが、逆に下にされるとすぐに立ち上がる。フックにダブルレッグを狙ったロクサンだが、最後までテイクダウンを奪えず──どちらが削られたのかが、勝敗の鍵を握ってきそうだ。

2R、ロクサンのジャブにワンツーを返すマイアが、左を当てる。ロクサンも右を入れて前に出ると、ショートのコンビネーションを繰り出す。マイアも右を当て、右オーバーハンドへ。一瞬、動きが止まったロクサンは組んでケージへ。マイアはここも右腕を差し返して、ケージにロクサンを押し込む。右を当てて離れたマイアに、左ジャブを受けることもあるものの終始優勢に打撃戦を進める。

そしてロクサンの組みを切ると、ついに足をかけてテイクダウンに成功する。スタンドで待ったマイアが、組まれても押し返すという展開が続くが、ロクサンがワキを潜ってシングルレッグを狙う。これも切ったマイアが優勢のまま試合は最終回に。

3R、ロクサンがまず右を当てる。ワンツーを返すマイアは右アッパーを届かせる。右に回りながら、右フックを入れたマイアに対し、ロクサンも右を当てる。ケージに押し込んでもテイクダウンが取れないロクサンは、離れ際にも右アッパーを被弾する。それでも前に出るロクサンに対し、マイアは打撃で呼応すると組まれても倒れない。ロクサンの投げを潰して、ヒザを突き上げるなどマイアのペースで試合が進む。

残り1分の小手投げも防がれたロクサンは、左ジャブにアッパーをカウンターで受ける。マイアはロクサンの前進をパンチで止め、組んでも倒さない試合をやり抜く。最後の最後に引き込むように下になったロクサンは、一発逆転のサブミッションを仕掛けることもできずタイムアップを迎えフルマークで敗れた。

何度も繰り返されるが、体重オーバーの選手の勝利はスッキリとしない。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie