この星の格闘技を追いかける

【PFL2019#04】2位のグライコ・フランサは、1位のサディボウ・シと潰し合い。カフマンは不戦勝

PFL2019#04【写真】スウェーデン人のシとブラジルのグライコ。第4試合で潰し合わされる(C)PFL

11日(木・現地時間)、ニュージャージー州アトランティックシティのオーシャン・カジノリゾートでPFL2019#04が開催され、2019年レギュラーシーズンはウェルター級と女子ライト級から2巡目を迎えることとなった。


ウェルター級ではともに初戦で初回フィッシュ勝利を挙げ──試合タイムが短いことで1位にランクされているサディボウ・シと、2位のウェルター級KOPグライコ・フランサが潰し合いのマッチアップに臨む。

両者と同じく6P獲得で3位につけている昨年優勝のマゴメド・マゴメドカリモフは5位のクリス・カーティス、5点が持ち点で4位のレイ・クーパー3世は現在降格圏9位のジョン・ハワードと戦う。

Harrison vs Morgan女子ライト級では断トツの優勝候補カイラ・ハリソンは前回、初めて判定勝ちを経験し現在は2位だが、今大会で最下位8位のモーガン・フライアとのマッチアップとなっている。

ランク1位でハリソンの最大のライバルになるサラ・カフマンは対戦相手のロベルタ・パルムの計量失敗、ウェルター級でもゼーン・カマカが2試合連続の体重オーバーで対戦相手のアンドレ・フィリョが3Pを手にした。

ボーナスポイントを獲得する必要がないカフマンはプレーオフ進出決定、フィリョはレギュラーシーズン最終戦にベスト8入りを賭けて挑むことになり、今大会は全8試合のコンパクトなイベントとなる。

■ PFL2019#04対戦カード

<ウェルター級/5分3R>
マゴメド・マゴメドカリモフ(ロシア)
クリス・カーティス(米国)

<女子ライト級/5分5R>
カイラ・ハリソン(米国)
モーガン・フライア(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ボヤン・ベリチコビッチ(セルビア)
ジョアォン・セフェリーノ(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
ジョン・ハワード(米国)
レイ・クーパー3世(米国)

<ウェルター級/5分3R>
グライコ・フランサ(ブラジル)
サディボウ・シ(スウェーデン)

<ウェルター級/5分3R>
アンデソン・フェレイラ(ブラジル)
デビッド・ミショー(米国)

<女子ライト級/5分3R>
ボビージョー・ダルジエル(カナダ)
ラリッサ・パシェコ(ブラジル)

<女子ライト級/5分3R>
ジャナ・ファビアン(豪州)
モリエル・チャルネスキー(米国)

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie