この星の格闘技を追いかける

【GFG02】試合結果 青森県五所川原市のご当地MMA=GFGでライダーHIROが電撃参戦&一本勝ち

GFG02【写真】5日前に出場が決まり大会をすくった救世主=ライダーHIROはRNCで梶川を破った(C)SUSUMU NAGAO/GFG

7日(日)、青森県五所川原市のプラザマリュウ五所川原でGFG実行委員会主催、協力BOUT実行委員会のご当地ユニファイドルール採用MMAイベント=Ground Fightingsports Gameの第2回大会が開催された。


昨年に続き、五所川原が開催されたMMA大会=GFG02はメインで急遽出場となったライダーHIROが梶川卓をRNCで破るなど、7試合中6試合がフィニッシュ決着となった。またエキシビションでQuintetルールに主催者の藤田成保氏が出場し、所英男と対戦も4分28秒、腕十字で敗れている(※エキシビションのため正式裁定は勝敗なし)。

若手中心のマッチメイクと出場選手の負傷欠場など不測の事態に陥りながら、2度目のイベントを終えた藤田代表は以下のように大会の感想とこれからについてコメントを寄せてくれた(要約)。

Fujita & Tokoro藤田成保
「今回は小倉卓也、佐々木郁矢という青森県のエース的な2人を欠いてどのくらいやれるのか試してみましたが、現実は厳しかったです。ただし2人にもリフレッシュする時間が必要なので、ちょうど良かいのではないかと思い、これからの選手を育てるためにも戦績の少ない選手にチャンスを与える大会という位置づけでマッチメイクしました。

少しインパクトも欲しくて、所選手にグラップリングのオファーを出したところ引き受けて下さり、対戦相手を探したところ適任がいなくて──経費削減もあり自分がやることにしました。主催者自ら試合出場するってのもちょっとは面白いかなと(笑)。

大会1週間前にメインの梶川卓選手と対戦予定だった内直矢選手がケガで欠場となり、メイン中止も考えましたが、宇留野道場の清水俊一選手に相談したら、『ちょっと待ってて。早急になんとかする!』と返事をいただき、大会5日前にライダーHIRO選手が電撃参戦になりました。元々ライダーHIRO選手は出場してもらいたかったのですが、バンタム級の相手もいなくて、今回はオファーをだせていなかったののに急遽出場してもらい感謝しています。

結果的に昨年の第1回大会も出場したこともあり、ライダーHIROファンが青森で着実に増えてま(笑)。昨年もそうでしたが、今回も所選手がTシャツを着てくれたおかげでTシャツは完売しました。余るだろうと思ってキープしてなかったので、自分が持ってないバージョンも出てくるなど大失態です(笑)。

11月末か12月初めに次回大会を開催し、ベルトも創りたいというプランもありましたが、青森は首都圏に比べて絶対的に人口が少ないので日程調整は慎重になる必要もあり、計画を練り直します。同様に次回は宣伝、告知の最良方法も考えて計画していきます。それでも新規のお客さんの反応は良かったので、引き続き観戦してもらうために頭を搾って考えていこうと思います」

Global Fightingsport Game02
<バンタム級/5分2R>
○ライダーHIRO(日本)
1R2分41秒
RNC
×梶川卓(日本)
<フライ級/5分2R>
○大里洋志(日本)1R2分21秒
RNC
×池田一歩(日本)
<55.5キロ契約/5分2R>
○ザ・タイガー石井(日本)2R1分37秒
腕ひしぎ腕固め
×楠美貴嗣(日本)
<バンタム級/5分2R>
○秀綱(日本)1R3分05秒
TKO
×伊藤貴信(日本)
<フライ級/5分2R>
○平賀正孝(日本)1R3分07秒
三角絞め
×澤田良(日本)
<バンタム級/5分2R>
○津田麗茉(日本)1R0分29秒
ストレートフットロック
×アマネ・ナルミ(日本)
<フェザー級/5分2R>
○櫻庭泰裕(日本)2R
判定
×武田光信(日本)
PR
PR

関連記事

Shooto

Movie