この星の格闘技を追いかける

【WJJC2019】大塚博明出場のフェザー級は世界王者ヒルテイラーが欠場。サジオロ✖ガブリエルの争いか

Saggioro【写真】ついに表彰台の頂点に登ることができるか、サジオロ (C)SATOSHI NARITA

5月29日(水・現地時間)から6月2日(日・現地時間)にかけて、米国カリフォルニア州ロングビーチのカリフォルニア大ロングビーチ校内ピラミッドにて開催されるIBJJF主催のブラジリアン柔術世界選手権=ムンジアル。既に色帯の部で開幕した競技柔術の最高峰、プレビュー第3回は昨年の世界王者が欠場することとなったフェザー級の見所をお届けしたい。


当初エントリーしていた昨年度王者シェーン・ヒルテイラー(チーム・ロイド・アーヴィン)が直前になって虫垂炎に襲われ救急手術。残念ながら今大会は欠場となってしまった。そこで優勝候補のトップに躍り出たのが、昨年の世界大会決勝でヒルテイラーと激闘を繰り広げるも、惜しくも2年連続準優勝に終わったレオナルド・サジオロ(BTT)だ。

フェザー級屈指のスクランブルの強さとトップゲームの安定感を誇り、2年前にはこの階級のレジェンド、コブリーニャことフーベン・シャーレスを追い詰めた底知れぬ地力の持ち主だ。今回の組み合わせでは、準々決勝で当たるだろうマーシオ・アンドレ(ノヴァウニオン)戦が、3度目の正直=悲願達成に向けて最初の山となりそうだ。

(C)IBJJF

(C)IBJJF

この階級にはもう一人、このサジオロをも凌ぐような強力な優勝候補が存在する。今年のパン大会にて、ヒルテイラーとサジオロの両者に完勝して優勝を果たした21歳のマテウス・ガブリエル(チェックマット)だ。

一回戦にて迅速の腕十字でケネディ・マシエルの腕を破壊したガブリエルは、準々決勝ではサジオロ相手にベリンボロと50/50からのスイープを決めてみせ、決勝ではまたしても腕十字でヒルテイラーを極めかけて勝利を手にしている。

凄まじいキレのベリンボロと極め、ワールドクラスの相手に競り勝つインサイドワークを併せ持つガブリエルの、世界初制覇の可能性は高い。サジオロとの再戦が実現するとしたら決勝戦だ。

Doederleinまた、ジャンニ・グリッポとアイザック・ドーダーラインの米国アリアンシ勢も優勝候補に挙げられるだろう。特にドーダーラインは、パン大会におけるヒルテイラー戦において、ベリンボロからのレッグドラッグでニアパスまで追い詰める紙一重の戦いを演じた。

続くブラジレイロの決勝では、自身にとって厚い壁であり続けたパウロ・ミヤオと対戦。7度目の挑戦にして、ついに競り勝って優勝、現在上昇気流に乗っている。順当に勝ち上がれば準決勝でサジオロと激突する組み合わせだ。

Grippoドーダーラインの兄弟子に当たるグリッポは、今年はあまり目立った活躍がないものの、昨年はヒルテイラーを下してパン大会を制し、マーシオ・アンドレを倒してノーギ・ワールズライト級で初優勝を飾る等安定した実力を発揮しており、こちらも優勝候補だ。準々決勝で当たるであろうガブリエル戦が、初優勝に向けた最初の難関か。

さらにこの階級の出場リストには、上述のマーシオ・アンドレ(ノヴァウニオン)、ミヤオ・キラーとも呼ばれるケイシーニョことオズワウド・モイジーニョ(アレス)、この階級のレジェンド、コブリーニャことフーベン・シャーレスの息子にして、昨年のノーギ・ワールズフェザー級王座のケネディ・マシエル(アリアンシLA)等の名前もあり、有力選手がひしめきあっている状況だ。

Otsukaその中で日本から参戦するのが、大塚博明(フィジカルスペース)だ。昨年の世界大会で強豪のジルソン・ヌネス相手に巧みな試合運びを見せて勝利目前まで迫ってみせた大塚。だが今年のパン大会では新鋭のジョアオ・メンデスと対戦し、スイープからパスのプレッシャーをかけられてバックを許しての完敗を喫している。

大塚の今回の初戦の相手は、またしてもそのメンデス。前回地力の差を見せつけられた相手に、大塚がどのように挑むか。進化した姿を期待したい。そしてこのメンデスを超えると、次は驚異の新鋭ガブリエルが待っている。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie