この星の格闘技を追いかける

【Shooto 30th Anniv.T05】田中、福田&南出が出場=大阪大会はResurrection Sootos──テーマは復活

Shooto【写真】エディオンアリーナで再起が掛かった試合に挑む福田、田中、そして南出 (C)SUSTAIN

28日(火)、サステインより6月30日(日)に大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で開催されるShooto 30th Anniversary Tour.05 in Osakaの追加対戦カードが発表された。


既に環太平洋フェザー級チャンピオンシップ=王者TOMA✖チャレンジャー・高野明、ストロー級の小巻洋平✖オニボウズ、ライト級ではキャプテン☆アフリカ✖ウエタユウというカードが明らかになっているサステイン大阪興行。

今回のリリースによると3回戦でライト級の田中有×泉彰洋、フライ級の福田龍彌×亀島聖児、バンタム級で南出剛×ダイキ・ライトイヤーというカードが、小堀貴広、マッチョザバタフライらが出場する2回戦3試合とともに決定している。

奇しくも対戦カードの並びで上位とされる左側(あるいは上側)にその名が記されたファイターは、揃ってこの試合が再起戦となる。田中は昨年9月に大尊伸光の左フックでのKO負け、南出は昨年11月に安藤達也戦でのRNCよる一本負け──関東遠征での敗退から復活を賭す試合となる。

また福田は4月のDEEP大阪大会で安谷屋智弘に判定負けを喫している。MIBUROのリーダーであるウエタユウもグラジエイターの4月大会でマックス・ザ・ボディーに微妙な判定ながら敗れており、揃って出直しの修斗出場となる。

いってみればメインで環太平洋王座初防衛戦を戦うTOMAもまた、昨年9月にリオン武に敗れて以来のファイトでもあり、今回の大阪大会はResurrection=復活がテーマとなった大会となる。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie