この星の格闘技を追いかける

【UFN127】マヌワとの殴り合いに打ち勝ったブラボヴィッチが、テイクダウンで締め

<ライトヘビー級/5分3R>
ヤン・ブラボヴィッチ(ポーランド)
Def.3-0:30-27.30-27.28-29
ジミ・マヌワ(英国)

大声援を集めるマヌワは、いきなり右ハイを繰り出す。ブラボヴィッチはケージを背負い気味になりなかなか距離を作ることができない。マヌワは左ハイや左ミドルを続け、強烈な右ローを蹴り込んでいく。ブラボヴィッチが構えを変えると、今度は右ミドルを蹴ったマヌワが圧力を強める。

マヌワは右を見せて前に出ると、逆に右から連打を受ける。真っ直ぐ下がりながらアッパーを被弾したマニワがダウン。直後に立ち上がっても、連打を被弾する。鼻血を流すマヌワは左ジャブを当てるが、ブラボヴィッチがカウンターでワンツー、左を打ち込んだ。

2R、ブラボヴィッチがロー、左ジャブを当てる。左フックを被弾したマヌワが、左ボディフック、続いてヒザをボディに入れる。ブラボヴィッチのダブルレッグでテイクダウンされそうになったマヌワは、テイクダウンの勢いを利したスイープを仕掛けて立ち上がる。ジャブから右を繰り出すマヌワに対し、ブラボヴィッチもショートの連打を返すが、打撃の圧力はマヌワが上回るように。

たまらず組み付いたブラボヴィッチがクリンチ、いなしからバックを伺う。ここは乗り過ぎて前方に落ちてしまう。マヌワが胸を合わせようとし、即座にスタンドへ戻る。マヌワはコンビネーションを決め、ダブルレッグを切ると右ローから左ジャブを当て、右をヒットする。ブラボヴィッチのショートアッパーを返し、右ハイキックを蹴り込む。左ジャブを続けたマヌワに必死に組み付いたブラボヴィッチだが、このラウンドを落とした。

最終回、近距離でパンチを被弾しながら打ち合いに応じた両者、マヌワの右オーバーハンドにブラボヴィッチが左のカウンターを入れる。ブラボヴィッチが左ジャブを続け、右アッパーから左ストレートを打ち込む。前蹴りでブラボヴィッチの前進を止めようとしたマヌワだが、自分から距離を詰めることはない。

マヌワの右ミドル、ブラボヴィッチの右フックが当たり、ジャブの差し合いが繰り広げられると、ブラボヴィッチが左アッパーから右ストレートを打ち込でいく。大切な最終回で手数が減ったマヌワは、最後の30秒でダブルレッグでテイクダウンを奪われ万事休す。このままトップをキープしたブラボヴィッチは、試合終了と同時にガッツポーツを見せた。

3-0の判定をモノにしたブラボヴィッチは、対戦成績が1勝1敗となったマヌワとの決着戦を歓迎しつつ、「今は少し休みたい」と本音を漏らした。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie