この星の格闘技を追いかける

【UFC214】ケイター、番狂わせの完勝UFCデビュー

<フェザー級/5分3R>
カルヴィン・ケイター(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
アンドレ・フィーリ(米国)

左ジャブを伸ばすフィーリが、スイッチして左ストレートから左ミドル。オーソに戻したフィーリの顔面をケイターの左が2度捉える。フィーリが左ストレート、ケイターは右ボディストレートと小気味良い打撃戦が続く。左から右を入れたケイターが、左ジャブから右を入れやや攻勢に。フィーリも左を返して、蹴りからワンツーを入れる。ケイターが右を返して、右ローを蹴る。残り30秒で初めて組みを見せた両者、直後に右を当てたフィーリだが、バランスを崩しケイターがダブルレッグからパンチを叩き込んだ。

2R、ワンツーを打ち合った両者。初回より弱冠ペースを落とし打撃を交換する。ケイターの踏み込みにカウンターを狙い、ジャブ&蹴りでリズムを掴もうとするフィーリ。ケイターも蹴りを入れ、ペースの落ちたフィーリに右を打ち込む。フィーリも打たれると、パンチの数を増やしたものの、終了間際にモロに右を被弾してラウンドを失った。

最終回、ケイター優勢のなかフィーリは左ジャブを放ち、右ローへ。ケイターが力強い左ジャブを入れ、フィーリの前進にもその左ジャブを合わせていく。ケイターも時折り左構えを見せる。フィーリもサウスポーから左ミドルを入れると、距離を詰めてショートのアッパー&アッパーを打ち込む。ケイターは飛び蹴りの着地後に左をヒットさせ、蹴り足をキャッチしてパウンドを落とす。

残り1分を過ぎると、しっかりとポイントを取れる攻撃を見せたケイター――2週間のショートノーティス出場の新顔が番狂わせの完勝デビューとなった。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie