この星の格闘技を追いかける

【UFC206】体重超過の元タイトルコンテンダー=レターノー失速、ペレイラに破る

<117.5ポンド契約/5分3R>
ビビアン・ペレイラ(ブラジル)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ヴァレリー・レターノー(カナダ/9位)

レターノーが体重オーバーでキャッチウェイト戦となった一戦。レターノーが遠目の距離から左ハイを見せる。ペレイラのロングフックをかわして右を伸ばすレターノーは、左ジャブでペレイラを突き放す。そのペレイラの左ローをキャッチしてテイクダウンをしたレターノーは一気にマウントへ。背後で左リストを取る――アミールの態勢でレターノーがパウンドを落とし、ペレイラが腕を抜いてクローズドガードへ。

鉄槌、パンチを入れるレターノーに対し、ペレイラはハーフからギロチンへ。レターノーは足を超えて無力化するも、ペレイラもシングルから立ち上がる。ケージを背にしながらヒザ蹴りをボディに突き刺すレターノー。オーバーフックで固めてヒザを続けるレターノー、ペレイラもヒザを返し初回が終了した。

2R、ローからサイドへ変則的なコンビネーションを見せたレターノー。構えを変えて制空権を確保し、ペレイラが懐に飛び込んでくることを許さない。ペレイラの右ストレートにも右ミドルを合わせ、ジャブ、ストレートをスイッチしながら伸ばし続ける。そんなレターノーの左ローにようやくペレイラが左フックを合わせていくが、ようやく届く程度か。

残り2分で組んでケージにレターノーを押し込んだペレイラは、小外刈りでテイクダウンに成功する。レターノーのラバーを潰したペレイラだったが、スペースが広がり簡単にスタンドに戻ることを許す。フィニッシュにたどり着くことはない――そんな展開が続いた。

最終回、近い距離でパンチを交錯させた両者。レターノーもジャブから踏み込むと、ペレイラが左ジャブ、右ストレートを当てる。レターノーが前に出て試合は激しさを増してくる。右エルボーも狙うレターノーにペレイラの左が当たる場面が増えてくる。レターノーは左ロー、右ストレート&右ローのコンビ。対してペレイラは右ボディストレートを届かせる。

組んだペレイラがヒザ蹴りを2発見せ、レターノーがエルボーを狙ったところで離れる。ペースの上がらないレターノーに対し、細かいパンチを当てたペレイラが組んでケージに押し込んでいく。オーバーハンド&ヒザのレターノーが回り込んで離れる。ペレイラが右フックを当てて、左ジャブを伸ばす。レターノーにクリーンヒットはなく試合が終了。

初回はレターノーで間違いなく、2Rと3Rは微差でペレイラが取ってもおかしくないが……。ジャッジはスプリットに分かれペレイラが判定勝ちを手に涙にくれた。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie