この星の格闘技を追いかける

【WSOF08】果てしない殴り合いで、メイメンが逃げ切る

<ヘビー級/5分3R>
デリック・メイメン(米国)
Def.3-0:30-27, 29-28, 29-28
スコット・バレット(米国)

サウスポーのバレットに、メイメンは左ジャブから右を伸ばす。バレットも右を伸ばしながら真っ直ぐ前進するが、ここでメイメンの右アッパーがヒットし腰から崩れ落ちる。必死に立ち上がるバレットは顔をブロックするだけで、視線を上げられず細かいフックを受け続ける。もう一度、マットに崩れたバレットだが、ここで立ち上がるとメイメンもペースを落とし、何とか危機を脱した。

間合いを取り直したバレットだが、メイメンは繰り返し左ジャブから右を伸ばす。テイクダウンを切られ動きが止ったバレットを一方的に攻めるメイメン。バレットが時折り右フックを返す。ボディ、アッパー、フックにストレートとパンチを被弾し続けたバレットが5分間を耐え抜いた。

2R、ボディを受けるも左を返したバレットが前に出て、メイメンが左へ回る。下がりながらパンチを出すメイメンが右アッパーを打ちながら前へ。左フックから右ストレートをヒットする。連打で前に出ても、立ち続けるバレットにメイメンはひたすらパンチを入れ続ける。両者揃って、動きが落ち非常に緩慢な試合に。残り90秒を切り、メイメンがワンツーを入れるが、バレットも左から右を返す。メイメンはローを繰り出すと、バレットがハイキックを見せる。

近距離では右エルボーも放つバレットだが、左アッパーを打ち込むなど試合が徐々に互角の展開になってきた。最終回、打ち合いが続くなか、バレットがヒザ蹴り、左フックを決める。パンチを当てても、当てても前に出てくるバレットを殴り続けながらも攻めあぐねるメイメンは、首相撲からエルボーを入れ、ヒザをボディに突き上げる。バレットは2度ほど指が目に入ったとアピールするも、インターバルは与えられない。

首相撲からのパンチ合戦も両者、疲れ切っていて威力が感じられない。互いにダーティボクシングの距離を取ると、ノーガードの殴り合いに。終わってみれば、目の腫れ具合など傷が多いのはメイメンの方だ。結果は序盤のリードもありメイメンが3-0の判定勝ちを収めたが、序盤の圧倒振りから最終的には辛くも逃げ切った試合となった。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie