この星の格闘技を追いかける

【Shooto2024#02】上原平と環太平洋フェザー級戦、竹原魁晟「どうせなら一番レベルの高い部隊に」

【写真】言葉遣いが異様に丁寧な竹原。我々の知らない、専門用語も数多く聞かれた(C)SHOJIRO KAMEIKE

23日(土)、東京都文京区の後楽園ホールで開催されるSHOOT2024#02で、竹原魁晟が上原平と環太平洋フェザー級のベルトを争う。
Text by Shojiro Kameike

竹原はレスリングをベースにMMAを始め、2021年のプロデビュー以降は無敗。昨年のインフィニティリーグを制して空位の環太平洋王座決定戦に進んだ。対戦相手は、同リーグ戦でドローに終わった上原平という因縁の試合を迎える。そんな竹原はかつて、陸上自衛隊の第一空挺団に所属していたという。鹿児島出身、山口県の徳山大学に進み、習志野駐屯地からパラエストラ千葉ネットワーク(※取材は3月11日に行われ、直後の13日に『THE BLACK BELT JAPAN』の発足が発表された)に辿り着いたMMAキャリアについて訊いた。


――竹原選手は元陸上自衛隊で、第一空挺団に所属していたそうですね。

「はい。2019年7月まで陸上自衛隊におりました」

――第一空挺団といえば陸上自衛隊の中でもエリートというイメージがあります。

「エリート、というと語弊はありますが……誰でも行こうと思って行ける部隊ではないとは思います」

――もともと第一空挺団に入りたいと思っていたのですか。

「空挺団に入りたいと考えたのは、陸上自衛隊に入ってからです。高校卒業時にレスリングのご縁で大学に進んだのですが、ゆくゆくは自衛隊に入りたいと思っていました。大学を卒業して自衛隊に入り、どうせ行くなら一番レベルの高い部隊に行きたい。そう考えて空挺団に入ったという流れです」

――その第一空挺団には、何年ほど在籍していたのでしょうか。

「1任期と少しぐらいだったと思います」

――1任期というのは……。

「あっ、すみません。自衛隊は1任期が2年になります。ですので2年強、陸上自衛隊にいました」

――こちらこそ門外漢にも関わらず、いろいろと訊いてしまい恐縮です。2年強で陸上自衛隊を離れた理由は、プロMMAファイターになるためだったのですか。

「そうです。ひとつ決めたらその道だけを進みたいという思う性格で。本当はもっと早くからMMAを始めたいという気持ちはありました。しかし当時の最先任上級曹長に相談したところ『格闘家になるにしても、ちゃんとお金を貯めてからのほうが良い』と言われまして。いろいろ引き止めもあり――」

――「誰でも行こうと思って行ける部隊」ではない第一空挺団に入った人間は、引き止められるのも当然だと思います。大学を卒業して自衛隊に入る前には、プロのファイターになることは考えていなかったのですか。

「若干考えていました。ただ、最初はプロボクサーになりたいと思っていました」

――えっ!?

「大学ではレスリング部の練習が終わったあと、空手部の部室に潜り込み、勝手にサンドバッグを叩いたりしていました」

――勝手に(苦笑)。

「はい(笑)。たまに空手部員と鉢合わせしましたけど、『自分はレスリング部です』、『あぁ、そうなんだ』ぐらいで終わりました」

――その空手部員さんに異種格闘技戦を挑みたいとは思いませんでしたか。

「アハハハ、ちょっとだけ思いました。異種格闘技戦というほどではなく、『自分の打撃がどれだけ通用するのかな?』というのは知りたくて。打撃で敵わなければ、レスリングも含めて総合的な技術を使おうとは考えていました」

――やはり考えはしたのですね。それは道場破りになるので実行しなくて良かったです。もともとレスリングはいつ、どのようなキッカケで始めたのでしょうか。

「レスリングは高校からで、中学までは柔道をやっていました。柔道も面白くて好きだったのですが――やはり柔道は道着があるじゃないですか。裸足ですし。路上で突発的に、実戦に入った時はレスリングの技術が役に立つのではないかと思い、高校からレスリング部に入りました。

子供の頃から戦いが好きだったんです。漫画や映画に影響を受けていました。それこそ先日亡くなった鳥山明先生の『ドラゴンボール』や(※取材は3月11日に行われた)、他にもカンフー映画とか。別にヤンチャだったり、喧嘩に強くなりたかったということでもなく」

――なるほど。柔道、レスリングと移っていくなかで高校時代に打撃を習おうとは思わなかったのですか。

「ずっと打撃はやりたいと思っていました。それが大学の空手部のサンドバッグを使うことや、卒業後にプロボクサーになりたいという気持ちに繋がったんです。とはいえ、ボクシングを始めたいと思ったもののジムには入会しませんでした。いろいろジムは見学して回ったんです。それこそ名字が同じというだけで竹原慎二さんのジムとか」

<この項、続く

PR
PR

関連記事

Movie