この星の格闘技を追いかける

【UFN151】ブルンゾンがダンスMMA=セオドロから3-0の判定勝ち

<ミドル級/5分3R>
デレック・ブルンゾン(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
アライアス・セオドロ(カナダ)

左に大きく回るセオドロが、動きの大きな後ろ回し蹴りを見せる。間合いを取り直すブルンゾンは、組んで小外掛けでテイクダウン、即マウントへ。殴られ背中を見せたセオドロが立ち上がると、着地したブルンゾンが首に腕を回したまま後方に自ら倒れて両足をフックする。

必死で上を向きチョークを防いだセオドロは、その後も絞め&バックマウントから胸を合わせて立ち上がる。ブルンゾンは距離を取り直した直後に組んでバックへ。ここでケージにセオドロを叩きつける。肩で息をしながら蹴り&サークリングを繰り返すセオドロは、構えを変えてスピニングバックフィストから足払い。変則的な動きを続け、根幹となる部分の攻撃ができないセオドロのシングルレッグを切ったブルンゾンが初回を取った。

2R、ハイから左フックを振るうセオドロに対し、飛び蹴りから距離を詰めたブルンゾンがシングルレッグ。レッグリフトにも足を抜いたセオドロは、蹴って離れる戦いを徹底する。ついには母国のファンからブーイングを浴びるようになったセオドロだが、背中を見せて間合いを取り、ケージを蹴ってキック。さらにブーイングが大きくなるが、自らの戦いを徹底しスピニングバックフィストから離れる。ブルンゾンが左ハイをキャッチされ、そこからのスピニングバックフィストをよけて左ミドルを蹴りこむ。回転を続けるセオドロに左フックを入れたブルンゾンが、2Rも取ったか。

最終回、蹴りをキャッチしたブルンゾンがシングルへ。ここも足を抜いたセオドロにブルンゾンが左ハイ、組んでバックに回りテイクダウンを奪う。立ち上がったセオドロは尻をずらして離れ、続くテイクダウンにもその勢いを使って立ち上がる。ブルンゾンは右を当て、ダブルレッグから肩にセオドロを担いで大きくスラム。そのままサイドを取られたセオドロが、背中を預けて立ち上がる。正面を向いて離れたブルンゾンに対し、セオドロが首相撲からヒザを突き上げる。

セオドロは蹴り、回転パンチ、サークリングを続ける。自分を貫いたセオドロ、ゲームという部分では工夫はなされているが、戦いの本質から離れ過ぎのような動きの多さをジャッジがどう判断するか。結果、ブルンゾンは判定勝ちし「ハードファイト? そうじゃない。彼はステップを踏んでいただけだ」と笑顔を見せた。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie