この星の格闘技を追いかける

【UFN151】シェーン・バーゴス、カブ・スワンソンをボクシングで圧倒し──なぜかのスプリット勝利

<フェザー級/5分3R>
シェーン・バーゴス(米国)
Def.2-1:29-28.30-27.27-30
カブ・スワンソン(米国)

左ジャブを伸ばすバーゴス、スワンソンのローにも右を合わせようとする。スワンソンは左を当てた直後に右を打ち返され、ボディから右テンプルを打たれる。落ち着いてパンチを当て続けるバーゴスは左ボディフック、ワンツーフックと試合をリードする。スワンソンは左ハイを蹴るも、バーゴスの圧力は弱まらない。ボディ&顔面の左フックを入れたバーゴスはすスイッチも織り交ぜて戦う。バーゴスの左ローに右を当てたスワンソンは、ワンツーからミドル、さらにロー。バーゴスもローを蹴り返し、左ジャブ、右アッパーを当てる。体格に優るバーゴスが、初回を取った。

2R、バーゴスの左フックを受けたスワンソンがボディフックを返す。距離が詰まりショートアッパー、さらに左ジャブと初回よりスワンソンの手数が増え、精度も上がる。それでもバーゴスは冷静に左ジャブ、右アッパーを打ち込みペースを譲らない。スワンソンも前に出て右フック、打たせて打つようになる。常に頭を動かし、構えが変わることが増えてきたバーゴスが、右ジャブ、左ストレート、左ジャブを次々とヒットさせる。

押し込まれてきたスワンソンは左ジャブを届かせたが、接近戦でもバーゴスは攻守ともみボクシングが冴える。ついにはケージに詰まるシーンも出てきたスワンソンは前進をカウンター、左ハイで止められた。

最終回、左ジャブを、右フックを素早く放つスワンソン。バーゴスは左ジャブを当て、前蹴りへ。右を当てて前に出るスワンソンは、テイクダウン狙いを察知される。それでも前に出てジャブを打つスワンソンが、左前が潰れてきた。そこに左ストレートを打ち抜き、オーソに戻して右を伸ばすバーゴスに対し、スワンソンが組んでバックに回る。ケージに左半身を寄せて左足を畳んで防御に徹するバーゴスが、後方にエルボー&パンチを打っていく。

胸を合わすことができないバーゴスだが、スワンソンも倒せないとみて離れる。残り2分、左を当てたスワンソンがすぐに左ジャブを被弾。バーゴスは前蹴り、左ジャブ、そして右ストレートから右ローで前に出る。ケージを競って左を放つスワンソンに、右ハイを見せたバーゴスは、左ジャブ、左ミドル、そして右ストレートを打ち込む。スワンソンは左ボディを打たれ、組んでバックに回る。胸を合わせたバーゴスは、右ストレートで打ち込み最後に飛びヒザ、タイムアップまで試合を支配したバーゴスが──ジャッジ1人が30-27でスワンソンを支持するという信じられない裁定もあったが、スプリットで勝利しオクタゴン5勝目(※1敗)を挙げた。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie