この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC Phoenix Rising01】5分で2度ダウンを奪ったカーランが、2-1でダヴィッズドッテイルを下す

<ストロー級T準々決勝/5分1R>
ケイリン・カーラン(米国)
Def.2-1:10-9.10-9.9-10
スンナ・ダヴィッズドッテイル(アイスランド)

打撃戦のなかでカーランが組んで、ケージにダヴィッズドッテイルを押し込んでいく。押し返したダヴィッズドッテイル、一旦離れた直後にカーランがもう一度ケージに押し込もうとして離れる。左ジャブから右オーバーハンドを当てたカーランがダウンを奪う。背中に回りRNCを狙ったカーラン。胸を合わせて防いだダヴィッズドッテイルが、直後に小外掛けテイクダウンからマウントを奪う。背中を見せたカーランは背中が伸び、ダヴィッズドッテイルがパンチを連打する。

残り2分30秒、圧倒的に優位なポジションでパンチを続けたダヴィッズドッテイルだが、カーランがハーフに戻す。しっかりとハーフで抑えるダヴィッズドッテイルは鉄槌から、立ち上がる。続いて立ち上がったカーランにパンチを狙ったが、今度は右クロスを被弾し2度目のダウン。カーランは抑えず、スクランブルのなかでパンチを入れる。ダヴィッズドッテイルはシングルに出ると、ケージに押し込んでテイクダウンに成功する。

2度目のダウンを挽回するには、相当なダメージを与える必要があるダヴィッズドッテイルは、スペースを作る。ここで組んだカーランをクレイドルで防いだダヴィッズドッテイルだったが、あっという間に5分間は終了し──何とスプリットに割れた判定をモノにしたカーランが準決勝進出を決めた。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie