この星の格闘技を追いかける

【Titan FC51】フアン・プエルタが、カジベク・アシモフを圧倒。ダースチョークを極めて新フライ級王者に

<Titan FCフライ級王座決定戦/5分5R>
フアン・プエルタ(コロンビア)
Def.3R1分25秒 by ダースチョーク
カジベク・アシモフ(カザフスタン)

上背&リーチで優るプエルタが、サウスポーの構から右フックを振るって前に出る。アシモフはテイクダウンに成功するが、プエルタがギロチンからスイープしスタンドへ戻る。そのままバックを取ったプエルタが両足をフックする。マウントに移行したプエルタ、アシモフがうつ伏せになると再びバックマウントへ。プエルタはボディと顔面を殴り、RNCの機会を伺う。右腕を喉下に回されるアシモフはヒジを押し、一旦は逃れるも後方からパンチを連打される。プエルタはその後もマウントに戻るエルボーを打ちつける。

アシモフはガードに戻し、足関節を狙う。ヒザを抜いてハーフで抑えたプエルタは起き上がって左のパウンドを落とし初回を圧倒した。

2R、ワンツーで前に出るアシモフ。その後ダブルレッグでテイクダウンを奪い、スクランブルでギロチンを狙う。シングルを仕掛け、頭を抜いたプエルタは即マウントへ。エルボーを被弾し、背中を向けたアシモフがパンチを受けて上を向き直す。プエルタはマウントからエルボーを落とし、アシモフを追い込む。

エルボー、パンチを続けるプエルタの一方的な展開が続く。左右のパンチ、鉄槌を連打するプエルタがレフェリーに視線を送る。ストップが掛からないとパンチを連打したプエルタは、亀になったアシモフはフックを外して殴るプエルタに対し、もう一度背中を見せる。ラウンド終了直前に胸を合わせてトップを取ったアシモフだが、反撃に出る時間は残されていなかった。

最終回、右アッパーを振るって前に出て来たアシモフに対し、プエルタはボディロックテイクダウンを決める。アシモフをケージに押し込み、立ち上がってパンチを落とすプエルタは足関節狙いを防ぎ、ハーフからエルボーを落とす。ダースに移行したプエルタ、アシモフは成す術なくタップした。

「世界のトップジム、ATTで強い仲間と練習してきた。多くの人に感謝したいけど、時間が足らない」と話した新チャンピオンは、UFCにフライ級がなくなることで今後について尋ねられると「次がどうなるのか分からない。僕は11の勝利のうち10試合がフィニッシュで、1試合はKOだ。このままの試合を続ける」と話した。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie