この星の格闘技を追いかける

【Shooto/181117】藤井の右に耐えながらテイクダウン&RNC。フルラウンドの激闘は岡田遼が判定勝利

<バンタム級/5分3R>
岡田遼(日本)
Def.3-0:30-27,29-28,29-28
藤井伸樹(日本)

距離を詰める藤井に対し、岡田は左右のロー。さらに左ジャブで相手を近づけさせない。藤井は右ボディストレート。岡田が蹴りを放とうとするところに右フックを合わせる。さらにケージ際で組み付こうとするが、反対に藤井が四つで藤井をケージに押し込む。ここから両者に動きがなく、ブレイクが入る。

再開後、岡田が細かいローを放つ藤井は体勢を低くし、パンチを打ちながら入り込むが、岡田がテイクダウンに成功。立ち上がる藤井のバックに回り、右腕を相手の首に回す。ここを切り抜けた藤井が肩固めの体勢に。これは極まらず、マウントを奪取した岡田は、パウンドを落としつつ、立ち上がる藤井のバックに回るなど、優位な形で1Rを終えた。

2R、左ジャブを当てた岡田、藤井は大きな右を振るいながら、岡田の左足へシングルを仕掛け、尻もちを着かせる。すかさずバックに回った藤井はRNC。これを凌いだ岡田は、上下を入れ替え、立ち上がってもハイクラッチから藤井を倒す。スタンドに戻ると、岡田の右ローがヒット。藤井は右フックをかわされるも、相手の蹴り足をキャッチしてケージ際へ。しかし藤井のシングルを防いだ岡田が、藤井の顔面へエルボーの連打。

再びグラウンドへ引きづりこんだ岡田が、足をフックさせRNCを狙う。藤井は一度これを凌ぐも、岡田は再びRNCへ。がっちり腕が入ったかに見えたが、藤井は耐えきり2R終了のブザーを聞いた。

3R、クラウチングスタイルから、前に出る藤井。藤井の右をかわした岡田はダブルレッグ。これをかわした藤井だったが、岡田はケージを背にしながら再びダブルレッグを仕掛けて、藤井に背中を着けさせる。立ち上がった藤井は、岡田の顔面にヒット。しかし岡田に組み付かれ、打撃で追いかけることができない。

藤井の打撃を受けながら、シングルを狙う岡田。しかし藤井のパンチをもらい、少し動きが止まる。岡田のテイクダウンをカットしながらパンチを当てる藤井も、再びバックを奪われる。両者、再びスタンドに戻るも、岡田がまたもバックに回るが、藤井も切り返してトップからパウンド。上をキープしたまま、パンチを浴びせ続けたところで差異が終了した。

判定はジャッジが3者とも岡田を支持。試合後のインタビューで、勝因を「修斗愛」とした岡田が、フルラウンドの激闘を制した。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday