この星の格闘技を追いかける

【UFC230】ジャカレが打撃オンリーファイトで、クリス・ワイドマンにKO勝ち

<ミドル級/5分3R>
ホナウド・ジャカレ・ソウザ(ブラジル)
Def.3R2分46秒by TKO
クリス・ワイドマン(米国)

ケージの前を回るワイドマンが中央に移動すると、ジャカレは右ローを蹴る。右を伸ばすジャカレ、ワイドマンは首相撲からヒザ蹴りへ。ジャカレがアッパーを返し、離れたワイドマンはワンツーから右フックをヒットさせる。動きが一瞬止まったジャカレは、右を返し左ボディを打っていくが、ローに左を合わされる。

大USAチャントが起こるなか、ワイドマンは攻め急がず慎重にジャブから右ストレートやオーバーハンドを狙う。ジャカレのヘッドムーブにもパンチを当てるワイドマンは、左ボディフックを2発受け、首相撲からヒザをかわす。直後に右フックが交錯し、ラウンド終了を迎えた。

2R、ジャカレが右ローを蹴り、ワイドマンもワンツーからローを返す。左ジャブを続けるワイドマンは、ダブルからトリプルと右を届かせるも、ジャカレは左ボディフック、右フックに続き、ローからショートの左を纏める。手が出ないワイドマンを追いかけ、右フック、左ボディ、右ストレートと猛攻を見せるジャカレだが、ここで攻め疲れか動きが落ちる。

パンチを返すワイドマンだが、右フックに続きワンツー、右フックを被弾する。口が空いているジャカレだが、前蹴り、右フックを当ててボディを連打する。残り2分、一旦間合いを外したジャカレに右を入れたワイドマンは、右ハイキックを払って組みつく。ケージにジャカレを押し込んだワイドマンは、前方にジャカレをテイクダウン。直後に前転からスクランブルに持ち込んだジャカレが打撃でこの回を取った。

最終回、ガスアウトが気になるジャカレは右ロー。ワイドマンは左ミドルを蹴り込むが、ジャカレは力強い左ボディフック、右フックを入れ下がったワイドマンに右フックを2発打ち込む。攻めると休むジャカレに対し、ワイドマンがヒザをボディに突き刺す。攻められても下がらないジャカレだが、右エルボーからワンツーを受ける。動きは遅くなっているが、パンチと蹴りのスピードは衰えないジャカレは、USAコールのなか右フック、ショートの連打を入れ、ボディフック、アッパーを入れるとテンプルへの右フックでついにダウンを奪う。

眼が飛び、動きを止めたワイドマンに追い打ちを入れないジャカレは、レフェリーにストップを要求する。これが流され、足を掴みに来たワイドマンに3発パンチを入れたジャカレがTKO勝ちを決めた。

「鼻は折れてないよ。ワイドマンはこのスポーツのヒーロー、レジェンドだ。ホームタウンで彼と戦ったけど、彼は本当のヒーローだ。クリスのことを尊敬している。でも、オクタゴンのなかではやらないといけないんだ」とジャカレは話した。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY