この星の格闘技を追いかける

【PFL2018#9】プレーオフ=2Rタイブレイク制のトレンド、シュルチが初回を取ってドローで準決へ

<ライト級準々決勝/5分2R>
ナタン・シュルチ(ブラジル)
Draw.1-0:19-18.19-19.19-19
ジョニー・ケース(米国)

左フックを当て、すぐにテイクダウンに成功したシュルチがハーフで抑えていく。ケースはハーフバタフライガードも、シュルチのパスの仕掛けに背中をマットにつけた時間が長くなる。蹴り上げから立ち上がったケースのバックを取り、再びグラウンドに持ち込んだシュルチはサイドバックからパンチを入れる。

胸を合わせた立ち上がったケースはパンチの交換から、簡単にテイクダウンを許してしまう。右足を抜いてハーフからシュルチはパスガードを狙う。ケースは足を戻すのが精いっぱいでスクランブルに持ち込めない。右目尻をカットしているケースは背中を譲って立ち上がろうとしたところで、ボディロックで倒されガードを取り直す。このままシュルチがトップキープでタイブレイクとなる初回を取った。

2R、ケースが左ミドルを蹴り、左ジャブを伸ばす。さらに右ストレートを振るったケースに対し、シュルチは距離を取って右を振るい一瞬の接近で支え釣り込み足を狙う。ケースは打撃戦で準決勝進出を狙うが、シュルチはリスクのあるような位置には決して立たない。テイクダウン狙いにアッパーを合わせようとしたケース。シュルチもあまりに落としても構わないという試合では、隙ができるのではないかと思えるほど手を出さない。

それでも残り30秒で組んでケースをケージに押し込んだシュルチが、クリンチ&小内刈りを決めてタイムアップへ。ドローで体力もセーブし、レギュラーシーズン初戦の再戦となる準決勝進出という目的を果たした。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY