この星の格闘技を追いかける

【UFN135】積極的な打撃戦でコートニー・ケイシーが、アンジェラ・ヒルに競り勝つ

<女子ストロー級/5分3R>
コートニー・ケイシー(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.28-29
アンジェラ・ヒル(米国)

素早くステップを踏む昼に対し、ケイシーは大きな振りの右を見せる。ヒルの右に日明を被せていくケイシーは、ローを掴まれ倒される。寝技にいかなかったヒルはスタンドで待ちうけて打撃戦へ。頭を左に倒して、右を繰り出すヒルは組みの中でヒザをボディに突き刺す。離れたケイシーは右アッパーを当て、さらにボディから左右のフックを放つ。右フックを返したヒル、ケイシーも右を打ち返すなど、打撃戦のなかでケイシーが組んでボディロックテイクダウンに成功する。

ヒジを落としたケイシー腰を切って腕十字を狙ったヒルは足をすくっていく。ヒジを抜いたケイシーがスラムで切り抜けるも、ヒルはスクランブルからヒザ、ヒジを打ちこむ。ケイシーは右ハイ、右アッパーを2つ当てるが、最後にヒルが右ストレートでケイシーの動きを止めた。

2R、初回同様動きが多いヒルに右ストレートをヒットさせたケイシー。クリンチ戦を経て離れると、フックの打ち合いから右を再度打ち込む。手数の多い打撃戦が続く中、ケイシーがダブルレッグでテイクダウンを狙う。ケージを背に耐えたヒルが首相撲へ。離れたケイシーはローを蹴られるも、右クロスを狙う。

ヒルは右に続き左フックを当てると、ボディを入れて右ストレートへ、ケイシーも左を返す。ガードの上から左ミドルを蹴ったケイシーが、ローを交えて前蹴りなど足での攻撃も増やす。残り20秒で放たれたケイシーのダブルレッグを切ったヒルは、右エルボーを踏み込みながら当てた。

最終回、決定打が欲しい両者。まずケイシーが右を当てる。ヒルも左リードフックを届かせ、ケイシーの前進にはサークリングで対抗する。ケイシーのアッパーに、右オーバーハンドを決めたヒルは、間合いを取り直す。ケイシーはワンツーで距離を詰め、右フック後に左ミドルを繰り出す。

ヒルは右を当てて離れると、ケイシーのダブルレッグを切る。中間距離での打撃戦は続き、ヒルが右ボディフックを決める。ケイシーは左ミドルをブロックして、右ローを入れる。残り1分を切り、互いに手を出し続けるなかでケイシーが2度、ヒザを繰り出す。ヒルもヒザを返し、そのまま右アッパーを打ち込む。前に出て来るケイシーにヒルが右フックを打ったところでタイムアップとなった。

結果、接戦はケイシーにスプリットで凱歌が挙がった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY