この星の格闘技を追いかける

【UFC227】シェイモン・モラエスが、オクタゴン2戦目でセイレスを下しUFC初勝利

<フェザー級/5分3R>
シェイモン・モラエス(ブラジル)
Def.3-0:29-28.29-28.28-29
マット・セイレス(米国)

ミドルをキャッチされたモラエスが、そのままバックを伺うがセイレスが離れる。モラエスは再びミドルをキャッチされたが、ここは首相撲からヒザ蹴りを突き上げてハイを狙っていく。さらにワンツーをヒットさせたモラエスは、両差しで組まれても首相撲に持ち込みヒザを突き刺し、エルボーを入れる。セイレスも右ストレートを返し、右ローを蹴っていくが左ボディを返される。

懸命に組みにいくセイレスは、その度に首相撲で切り返されテイクダウンを奪えない。残り1分を切り、シングルでケージに詰めたセイレスはここでもヒザとエルボーを被弾。離れても形勢逆転はならず、初回はモラエスのラウンドとなった。

2R、モラエスは左ボディショット。セイレスは飛びヒザから組んでいくが、ここもテイクダウンには至らない。モラエスのアイポークで試合が中断。リスタート後にローに左を合わせたモラエスはスピニングバックフィストをブロックし、左エルボーを打ち込む。左ボディフック、右ボディストレートを繰り出し、右フックから左ミドルを入れたモラエスが淡々と攻め続ける。セイレスもようやく左を当てたが、パンチを強振しバランスを崩す。

さらにアイポークがあり、モラエスがブレイクを要求する。再開後、左ミドルから右を当てたモラエスは、近距離で左ハイを繰り出す。右を受けてか、頭か──動きが落ちたセイレスは左ミドルを受けたところでラウンド終了を迎えた。

最終回、勢いのある右ローを蹴ったセイレス。モラエスがアイポークを繰り返し、注意が入る。次でペナルティだと忠告を受けたモラエスは、右ボディストレートを当てた直後に右フックをテンプルに被弾する。圧力を高めるセイレスに対し、組んでいったモラエスだがスプロールされる。

それでもテンカオを入れたモラエスがボディ&左フックのコンビネーションを繰り出す。さらに右を当てたモラエスだが、ヒザ蹴りをボディに受ける。テイクダウン狙いを切られたモラエスは、腹が効いたか動きが落ちる。距離を取って凌ぐモラエスは、テイクダウンを切られてギロチンに捉えられる。頭を抜いたところでケージに押し込まれたモラエスだったが、セイレスも押し切るだけの力が残っていない。

残り1分を切り、プレッシャーを強めたセイレスに左フックを当てたモラエスは、逆に左を被弾し、ヒザ蹴りから右フックと攻められながらタイムアップを迎えた。逃げ切ったモラエスは、2戦目でUFC初勝利を挙げた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY