この星の格闘技を追いかける

【Pancrase298】ヴィヴィアニと王座を争う藤野恵実─02─「誰と戦っているのかといえば自分」

Fujino【写真】この構えにどの距離でなるのか。そこが勝負の焦点の一つだろう (C)MMAPLANET

5日(日)、東京都台東区の新木場スタジオコーストで開催されるPancrase298で、ヴィヴィアニ・アロージョとストロー級クイーン・オブ・パンクラシスト王座を賭けて対戦する藤野恵実インタビュー後編。

藤野をAmeba TVが制作するドキュメンタリー番組= ONE DAY が追ったなか、MMAPLANETではケージの中でどのように戦うに焦点を絞って話を訊いた。

根性、意地、そこをぶつけるのはヴィヴィではなく、自分自身だと藤野は言い切った。

<藤野恵実インタビューPart.01はコチラから>


──技術以上の繋がりがあるセコンドは、武器だと思います。

「そうやってアゲられるのが嫌だろうし(笑)。ムカつくから頑張れるというのもあります」

──そういうなかで、5R戦で目指すモノとは?

「前回と似ていますが、キツイ時にどうするのか。相手とか関係なく。今までなんで自分が格闘技を続けて来たのかという部分になると思うので。全ては自分との戦い、最後は。長くやり続けるのも、キツイことやり続けるのも。人より長くやってきたから、ようやくここまで来られた。タイトルマッチを組んでもらえました。気持ちが切れたら、もうとっくに辞めていました。

そこをこの試合で出し切れなかったから、今までやってきた意味がないです。ヴィヴィという対戦相手がいるのは前提ですが、誰と戦っているのかといえば自分です。自分でコレを乗り越えないと。自分が厳しいから前に出る。それは相手でなく、自分に対してなので」

──会見の時にこの試合のことしか考えられない。この次は考えられないと言われていましたが、今も変わりないですか。

「勝てば広がるけど、負けたら何もないし。この試合を乗り切らないと、次のことは……」

──徳留選手と2度に渡る歴史に残る勝負をやってのけた久米選手、日本人には圧倒的に強かった佐藤選手が、外国人と戦うとああいう結果になった。

「キツイなぁと正直、思いました(苦笑)。格闘技だからガチなんだけど、容赦ない。弱くない相手を連れてきているから、それは乗り越えないといけないわけで。そこを乗り越えないと、この先はないという相手を連れて来てくれていると思います。どの選手にも。

ジェイコブセンにしても、アレで負けていたらそこまで。あのレベルになると藤野は負けるのね──と言われます。国内で相手がいないかもしれないけど、世界でみればそんなモノって。そこを何とか競り勝てたから、もう少し上の相手が来た」

──以前、脚光を浴びなくても辛い練習を繰り返す女子選手がどれだけいるのかと思っていました。業界云々のためという高い志も持たず、ただ強さを欲する。それが自分の中では藤野さんと端貴代選手でした。

「変態ですよね。ただ単に自分を追い込みたい(笑)」

──その端選手がInvicta FCでバーブ・ホンチャックに完封され、藤野さんがWSOFでジェシカ・アギラーに負けた試合は、これが世界かと感じました。

「アギラーとは……ただやられ続けました」

──だからこそヴィヴィ戦は、アギラー戦からの総決算でもあると考えています。

「自分では正直、分からないです。どこが変わったか。格闘技に対する気持ちも違わないですし」

──格闘家として強くなっていると感じられることは?

「年数やれば、ベースアップは絶対にします。ただアギラーに負けて打撃をちゃんとやらないとダメだと思ってボクシングを習い始めて。レスリングもできていなくて、ベースがないままフィジカルだけ戦っていました。ヒザ立ちの寝技の練習をしているだけで。

全部、ちゃんとやらないといけない……打撃もやる、レスリングもやる、柔術もやる。一つ一つ、基礎からやろうと思うようになりました」

──体つきを見れば練習はしている。ただし、格闘技を強くなる方向が分からず、体をひたすら鍛えているという印象は正直ありました(笑)。

「MMAの練習をようやくちょっとずつ始めた時ですね」

──それからの成長をぶつける試合ですね。

「ヴィヴィはサウスポーもあるようだし。でも、ジェイコブセンもサウスポーだったので。手足が長いという違いはありますが……。サウスポーでリーチが長かったのはナタリア・デニソヴァ、彼女は組んできたけど打撃だけなら上手かったと思います。

Fujino vs Sattelmayer前に出てくるのはアリーニ・サテルメイヤーでしたね。ジェイコブセンの時もそうだし、当てられようが前に出るだけです」

──ジャブを当てて足を使う選手よりも、前に出てくる方が戦いやすいというのはありますか。

「嫌なのは蹴りを使ってアウトボクシングをしてくる相手ですね。女子にはあまりいないですが、それをやられるとどうすれば良いか分からなくなる。入れてもらえない相手よりも、根性勝負の方がキツイけどやりようがあります」

──距離を取られると、根性の出しようがないと。今回は根性勝負になりそうですね。では、今回の試合に向けて最後に改めて意気込みのほどをお願いします。

「いつも根性勝負です。津田の作戦も特攻以外にないんで(笑)」

──津田さんが誰にでも、それをやらせるわけではないので(苦笑)。それは藤野さんの技術体系を見て、そういう作戦になっているはずです。

「毎試合、何を聞いても特攻ですから。もうちょっと作戦を授けてほしいと思います」

──最後の一言が、津田さんへの愚痴になるとは……。

「アハハハハ。『言ってもできないじゃん?』って言われるんですけどね……。根性が据わったババァが一番怖いだろと思っているので、そこを出します」

■Pancrase298対戦カード

<ストロー級QOP王座決定戦/5分5R>
ヴィヴィアニ・アロージョ(ブラジル)
藤野恵実(日本)

<フェザー級/5分3R>
マイク・グランディ(英国)
田中半蔵(日本)

<ライト級/5分3R>
アキラ(日本)
アルセン・バティロフ(ロシア)

<ストロー級/5分3R>
八田亮(日本)
マーカス・アマラウ(ブラジル)

<ミドル級/3分3R>
新村優貴(日本)
林源平(日本)

<フライ級/5分3R>
荻窪祐輔(日本)
秋葉太樹(ロシア)

<女子アトム級/5分3R>
ローマ・ルックブンミー(タイ)
華DATE(日本)

<フェザー級/3分3R>
牛久絢太郎(日本)
ユータ&ロック(日本)

<フェザー級/5分3R>
内村洋次郎(日本)
ヴィトル・トファネリ(ブラジル)

<ウェルター級/3分3R>
手塚裕之(日本)
KAZZ(日本)

<ストロー級/3分3R>
高島俊哉(日本)
前山哲平(日本)

<フライ級/3分3R>
安永有希(日本)
中村龍之(日本)

<フェザー級/3分3R>
渡辺謙明(日本)
櫻井裕康(日本)

<フライ級/3分3R>
渡辺竜也(日本)
三澤陽平(日本)

<フライ級/3分3R>
水谷健人(日本)
池田一歩(日本)

<ストロー級/3分3R>
リトル(日本)
宮澤雄大(日本)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY