この星の格闘技を追いかける

【ONE75】リース・マクラーレン強し。和田竜光、得意の展開で押し切られONE初戦はスプリット判定負け

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
リース・マクラーレン(豪州)
Def.2-1
和田竜光(日本)

和田のONE初陣は、勝てばフライ級王座挑戦に大いに近づくマクラーレン戦だ。低くワイドな構えの両者、マクラーレンが左ハイを見せる。互いに相手のパンチを下がって避け、前に出る展開で和田の組みをボディロックに捉えたマクラーレンがテイクダウンを奪う。すぐに立ち上がった和田だが、クリンチアッパーを入れたところでマクラーレンのヒザ蹴りが急所に入り試合が中断する。

回復に努めた和田、再開後に組んできたマクラーレンの首相撲に対し、ワキを差して防ぎ逆に首相撲からヒザを突き上げる。小外掛けでテイクダウンを取った和田がトップを取る。ドントムーブで中央から再開になると、クローズドのマクラーレンに右のパウンドを2発落とした和田。今度はフックガードにも、パウンドを入れ腰を蹴られても上手く捌いてトップをキープする。

ハイガードを抜けた和田は、スクランブルで立ち上がったマクラーレンに得意のスネへのローを蹴っていく。構えをサウスポーに変えたマクラーレンが組んで、コーナーに和田を押しこむ。和田は体を入れ替えてエルボー、マクラーレンもエルボーを返したところで初回が終わった。

2R、サウスポーのマクラーレンの右足を蹴った和田は右に回って、パンチをよける。オーソに戻したマクラーレンは左足にローを被弾しながら、ダブルレッグでテイクダウンに成功する。上体を起こしパンチを落とすマクラーレンに対し、和田は下からエルボーを見せる。スイープ狙いにも、マクラーレンが頭を和田も胸につけてバランスをキープしつつ、ヒザを抜きに掛かる。蹴り上げから暴れて立ち上がろうとした和田だが、このタイミングで足を越えに来たマクラーレンが、バックマウントを一気に奪う。

座った状態から上を向かされた和田はRNCを耐えたが、腕十字に移行してきたマクラーレンに動きを止められる。ここでアームロックに切り替えたマクラーレンは、和田が体を越えてきたところで腕十字に戻す。座ってマクラーレンの体を跨いで腕を抜いた和田はスタンドに戻るが、すぐにシングルレッグでテイクダウンを許してしまったところで時間となった。

2Rを通してだと、優勢なのはマクラーレンだ。最低でもインパクトで上回る必要がある和田の最終回。サウスポーのマクラーレンの右足を蹴った和田は、組んで小外掛けでテイクダウンを奪う。ドンムーブで中央へ移動し、試合がリスタートされる。マクラーレンが頭をホールドするが、和田は足を一本抜く。鉄槌を落とす和田だが、ここは大きな攻撃が欲しい。

と、ハーフの和田にブレイクを命じられる。スタンドで再開となり、和田は首相撲から腿へヒザも、マクラーレンが逆に大内刈りでテイクダウンに成功する。パンチを落としつつ抑えてくるマクラーレンに対し、足をきかせようとした和田だがハイガードも潰される。

立ち上がって足を捌くマクラーレンは、和田を立たせない。背中を向けて勝負のスクランブルの和田。マクラーレンはここでバックを狙い、和田が背中をつけたところでマウントへ。マクラーレンは最後に腕十字を狙い、ここでタイムアップに。

マクラーレンの圧力に屈した形となった和田、ジャッジ1人の票を得たものの1-2の判定で敗れONE初戦を飾ることはできなかった。

PR
PR

関連記事

Movie

大会予定(現地時間)

JBJJF ALL JAPAN