この星の格闘技を追いかける

【ONE74】山田哲也が巧みな寝技&ヒジ打ちでヌネスをドクターストップへ追い込む

<フェザー級(※70.3キロ)/3分5R>
山田哲也(日本)
Def.2R4分05秒 by TKO
ハファエル・ヌネス(ブラジル)

サウスポーの山田に対して、ヌネスは右ストレート・右フックでプレッシャーをかける。山田も右を強振して組みついて、ヌネスをケージに押し込む。ヌネスは態勢を入れ替えてシングルレッグへ。山田はそれをつぶしながらヒジ打ちを側頭部へ落とす。ヌネスはバックをうかがいながらシングルレッグでテイクダウンし、そのままトップキープする。ヌネスは一度立ち上がって距離を取るが、山田は立ち上がらず寝技の攻防を望む。

ヌネスが再びインサイドガードに収まると、山田が下からアームロックへ。アームロックと腕十字を併用しつつ、ヌネスの身体を返して上のポジションを取り、そこからアームロック&ヘッドシザースを仕掛ける。再び上になったヌネスは山田の身体をまたいで頭を抜き、トップポジションをキープしてラウンドを終える。

2R、山田は距離を取りながら左ミドルとインローを蹴る。ヌネスはパンチのプレッシャーをかけながら右のボディストレート。山田はヌネスの右ストレートを合わせて組みつき、ボディロックから外掛けでテイクダウンを奪う。ガードポジションになったヌネスも下から山田の足を抱えてスイープを狙い、スクランブルの攻防からトップポジションを奪う。

下になった山田が足でヌネスの身体を浮かせながらひっくり返すと、ヌネスは背中を見せつつ身体を起こして再びスクランブルの展開で上のポジションを取る。しかしここでも山田はヒップスローからトップポジションを奪い返し、インサイドガードからヒジ打ちを一閃。これでヌネスの額の中央を切り裂き、ヌネスをドクターストップに追い込んだ。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY