この星の格闘技を追いかける

【PFL2018#2】ウィル・ブルックスがルイス・ブスカペに判定勝ち、3P獲得で第1戦を終えて3位に

<ライト級/5分3R>
ウィル・ブルックス(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ルイス・ブスカペ(ブラジル)

左ジャブを伸ばすブルックスが、前に出て来たブスカペをダブルレッグで一気にテイクダウンする。右腕を差して立ち上がったブスカペは、ジャンピングギロチンに出るが頭を抜かれガードを強いられる。ハーフのブスカペは、キムラでパスを防ぎつつ、足関節も狙っていく。立ち上がったブルックスは、左ジャブで距離を制しようとする。

ブスカペはワンツーで前に出て、左アッパーを繰り出す。ケージ際のクリンチ戦から離れ、ダブルレッグで組み付いたブスカペが、シングルレッグでクリーンテイクダウンに成功する。スイープ狙いから立ち上がったブルックス。ここで初回が終わった。

2R、ワンツーを当てたブルックス。ブスカペは右ハイから組み付いてバックを狙う。胸を合わせたブルックスが、逆にボディロック・テイクダウンに成功する。左のパンチを落とすブルックスに対し、ブスカペが潜りスイープを仕掛けスクランブルに持ち込む。間合いを取り直した両者、打撃の間合いになると、ショートのワンツー、右アッパーでブスカペが前に出て、ダブル~シングルでバックテイク。ブルックスは正対して離れると、左ジャブを伸ばす。左フックを返したブスカペが、またも右アッパーを打ち込む。と、残り20秒でブルックスがローダブルレッグを決めた。

最終回、左ジャブの圧力を返し前に出るブスカペから、ダブルレッグでテイクダウンを奪ったブルックス。立ち上がって左のパウンドを落としたブルックスに対し、ブスカペは外ヒールからスイープで立ち上がろうとする。ブルックスも反応し、ケージにブスカペを押し込む。ここもテイクダウンを決めたブルックスは、キムラ狙いを遮断し左の細かいパウンドを連打する。

残り1分を切り、やや深くキムラを仕掛けたブスカペだが、頭をわき腹に押し付けられ意地できない。ブルックスもフィニッシュ・ボーナスよりも、3P獲得に切り替えたようで、このまま大きな動きはなくブルックスがフルマークの判定勝ちを収めた。3Pを得たブルックスは初戦を終えて、3位にランクされている。


PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN