この星の格闘技を追いかける

【UFN131】ケージ掴みを3度見逃されたティーマーが、ローとガードの上からのハイでレンツを破る

<ライト級/5分3R>
デイビッド・ティーマー(スウェーデン)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ニック・レンツ(米国)

軽く左ハイを見せたティーマーが、左構えから左の蹴りを連続で見せる。右を当てたレンツの前進に左カウンターをティーマーが当てる。マットに手をついたレンツは、すぐに立ち上がると、左に回るティーマーとの距離をつめるために前に出る。そこにカウンターを狙うティーマーだが、蹴りをキャッチされテイクダウンを許す。すぐに立ち上がり胸を合わせたティーマーは、テイクダウン狙いをケージを掴んで耐え、直後にアイポークまで犯してしまうが、レフェリーは2つとも流す。

それでも右ミドルを2度蹴り込み、ティーマーの動きを止めたレンツは、勢いよくローを蹴って来るティーマーに対し、ミドルを蹴り続けた。インターバル中にケージ掴みとアイポークの注意を受けるティーマーだが、試合を止めない限り、レンツにとって不利益極まりないレフェリングだった。

2R、レンツは右ミドルを続けてティーマーの前進を阻む。ローを続けるティーマーは、左前蹴りもボディに突き刺す。その左の蹴りにテイクダウンを合わせたレンツ、ティーマーがすぐにスタンドに戻る。ローで左足が赤くなっているレンツに対し、ティーマーは左ハイを狙う。間合いを外されることが増えたレンツ、やや遠くなりティーマーのレンジになったような終盤戦だった。

最終回、ローを入れては離れて回るティーマーを追いかけるレンツは、サウスポーにスイッチする。ならば右足にローを入れるティーマーが左ロングアッパーへ。レンツはティーマーをケージに押しこみテイクダウンを狙うと、またもティーマーはケージを掴む。これもレフェリーは流し、レンツは体を入れ替えられるとギロチンから引き込み&スイープで上へ。

ティーマーはスクランブルから立ち上がるも、右を被弾する。ロー以上の攻撃がないままティーマーはタイムアップを迎え、勝利を確信しているかのようにケージに駆け上がった。結果は3‐0でティーマーに。勢いのあるローが、動きを止めたミドルとテイクダウンを上回る裁定──つまり、レフェリーの3度のケージ掴みを流したレフェリーの判断が、試合の流れを作ったといえる試合となった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY