この星の格闘技を追いかける

【UFN128】こういうことがあるのか……。タイムアップ後の失神認定でデヴァリシビリがTKO負け

<バンタム級/5分3R>
リッキー・シモン(米国)
Def.3R5分00秒 by TKO
マラブ・デヴァリシビリ(米国)

DWTNCSからLFAでバンタム級王者となり、初防衛に成功後UFCデビュー戦を迎えたシモン。対してUFC2戦目で初勝利が欲しいデヴァリシビリの対戦。左ハイ、後ろ回し蹴りを積極的には繰り出すデヴァリシビリが、右ボディフックを入れる。続く後ろ回し蹴りに組まれたデヴァリシビリだが、ここを離れてシングルレッグからバックについて、大きなスラムを2度見せる。

劣勢のシモンは、デヴァリシビリが背中に乗ってきたところを前方に落として打撃戦へ。それでもデヴァリシビリ優勢は変わらずワンツーフックを打ち込む。さらに右ローを決めたデヴァリシビリだが、動き続けており攻め疲れが心配だ。デヴァリシビリはギアを落とすことなく右アッパーでダウンを奪うと、立ち上がったシモンにラッシュを掛け、組みついてきてもバックに回り後方から殴りつける。

直後にダブルレッグを決めたデヴァリシビリは、ここで一息つくかと思いきや持ち上げてテイクダウン。正面を向かれると離れて、シモンの飛びヒザ狙いをかわして叫び声を挙げる。シモンは左ボディフックを入れたものの、初回はほぼ攻められ続けた。

2R、左ボディフックから前に出るシモンのスピニングバックフィストは空振りに。デヴァリシビリはやや見る場面を増やし、左ジャブを打っていく。デヴァリシビリはシングルレッグからバックに回り、飛び乗ろうとしたが初回と同じように前方に落とされる。シモンはヒザ蹴りを突き上げ、ダブルレッグでテイクダウンを奪う。エルボーを落としたシモンに対し、デヴァリシビリはスクランブルから離れると右をヒットさせる。

残り1分40秒でデヴァリシビリは組んでバックに回りテイクダウン、シモンは2度に渡り前転でエスケープを図る。その度にバックをキープするデヴァリシビリだが、またも背中に飛び乗ろうとして失敗。ただ、動き続ける姿勢が攻勢を維持できる要因となっているのか、その後もデヴァリシビリはブレーキを掛けることなく、ダブルレッグから差し上げテイクダウンを決めるなど、止まることを知らないような戦いを貫いた。

最終回、マット・セラの叱咤を受けて最終回に向かったデヴァリシビリは左ミドル、続くローがシモンの急所に当たりインターバルが与えられる。すぐに再開し、デヴァリシビリは右をヒット。さらに組んでテイクダウンからバックへ。シモンはスイッチからバックを取り返すも、デヴァリシビリは胸を合わせて離れる。

抜群のタイミングでダブルレッグを決めたデヴァリシビリに対し、シモンは倒された勢いで立ち上がり、パンチを当てて2度目のダブルレッグテイクダウンに成功する。キムラロックのデヴァリシビリは、これを外されると肩固めを仕掛けられそうになる。シモンの頭の方にブリッジしスクランブルに持ち込んだデヴァリシビリは、ダブルレッグを決めるがシモンがギロチンに捉えて回転しマウントを奪う。

足をばたつかせて、落ちていないという意志表示のデヴァリシビリは顔が真っ青になり、まるで瞳孔が開いたような眼をしてサムアップ。そのまま50秒以上も耐えきり、試合終了を迎えたデヴァリシビリは、酸欠状態か立ち上がりかけて腰から崩れた。

そして、迎えたウィナーコールでは、何とあれだけ動き続け、最後の粘りを見せたデヴァリシビリが、試合が終わってからの動きで落ちていたと判断され、3R5分00秒でTKO負けとなってしまう。

シモンは「彼の目を見たら落ちていた」と、どうやってギロチンを仕掛けながら確認できたのか──後付けのようなコメントを残した。そんなシモンは劣勢のなかで、最後まで勝利を諦めずギロチンを掛けたことで掴んだ勝利ではあったが、デヴァリシビリはタイムアップの瞬間まで足を動かし続け、タップもしなかった。そしてレフェリーは落ちてストップではなく、タイムアップで両者を分けていただけに、気の毒なTKO負けだ。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY