この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC28】打撃優位のパール・ゴンザレスがグラップリングウォーを制し、インヴィクタ初戦を飾る

<ストロー級/5分3R>
パール・ゴンザレス(米国)
Def.3-0:30-26.30-27.30-27
カリ・ロビンズ(米国)

前に出て右を振るい組み付いたロビンズが、小外掛けテイクダウンを奪う。スクランブルでバックを譲りかけたゴンザレスは、引きこんでガードを取る。ダブルアンダーフックパスを仕掛けるロビンズに対し、ゴンザレスが腕十字。ロビンズは立ち上がり、ヒザを腹に置いて防ぐと、そのまま狙い通り担ぎパスに成功する。上四方から逆側に回り、サイドで抑えるロビンズはニーインベリーへ。ここでブリッジをしたゴンザレスがトップを取り、パウンドを打っていく。

ロビンズは巴スイープで上を取り返し、ゴンザレスの立ち上がり際にパンチを打ちつける。さらワキ差しパス、頭を跨いで腕を取りにいく。ゴンザレスはここでも足を戻して、左腕に十字を仕掛ける。腕を抜いたロビンズはまたもやニーインベリーの状態でブリッジからリバーサルを許してしまう。最後は下からダブルをロビンズが仕掛け、ゴンザレスをケージに押しこんだ状態でラウンド終了となった。

2R、組むまでが危なっかしいロビンズはヒザやフックを被弾しながら組みつくと、シングル&小外掛けでテイクダウンに成功する。しかし、ゴンザレスがリバーサル。ロビンズもならばと右腕を差して立ち上がり、上を取り返す。ニーシールドにも足を抜きにかかるロビンズだが、ゴンザレスはフルガードに戻す。ハイガードを担いだロビンズがパス、ゴンザレスはケージキックからリバーサルに成功する。

重い右を落とすゴンザレスに対し、ロビンズは疲れが目立ってきた。懸命に足を絡ませるロビンズだが、ゴンザレスが捌いて勢いよくパンチを落としラウンドを締めた。

最終回、前に出て来るロビンズにアッパー、右フック、そしてストレートを打って離れるゴンザレス。必死に組み付いたロビンズはヒザをボディに被弾し、これまでのようにすぐにテイクダウンをとれない。逆にゴンザレスが、払い腰で投げサイドに。足を一本戻されても、十分なポスチャーから左右のパンチを見舞っていく。エルボーも入れたゴンザレスに対し、ロビンズは蹴り上げから立ち上がる。

ゴンザレスは離れながら左ハイ、顔面を掠めた蹴りの直後にロビンズはシングルレッグでケージに押しこむ。体重をかけて潰しに掛かるゴンザレスが、右のパンチを打ち、エルボーを落とす。必死に組み続けたロビンズだが、ここでタイムアップとなりプロ6戦目で初めて黒星を喫することに。UFC2敗からインヴィクタ初戦を勝利したゴンザレスは、笑顔でチームメイトに感謝の言葉を伝えた。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday