この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC39】フェニックスS優勝マーヴェリックが、ゴンザレスをドミネイトしタイトル挑戦をアピール

<フライ級/5分3R>
ミランダ・マーヴェリック(米国)
Def.3-0:30-26.30-27.30-27
パール・ゴンザレス(米国)

サウスポーのマーヴェリックに対し、右からの蹴りを上下で見せるゴンザレス。マーヴェリックが左ストレートを伸ばすと、右インサイドローをゴンザレスが蹴りこむ。近づいてボクシング戦と思いきや、一気にダブルレッグでテイクダウンを決めたマーヴェリックが、サイドをスイッチしてパス。ハーフから腹這いとなり、スクランブルに持ち込もうとしたゴンザレスから、バックグラブを取ったマーヴェリックがRNCを狙う。パンチに切り替え、殴りながら絞めをセットしていくマーヴェリックだが、やや乗り過ぎでゴンザレスがアゴを押し、胸を合わせてエスケープに成功する。

そのまま三角を狙ったマーヴェリックは、下からエルボーを落とし腕十字→オモプラッタへ。腕を抜いたゴンザレスが勢いのある左のパンチを打ち付けると、逆にバックへ回りこむ。前方に落とされながら腕十字を狙ったゴンザレスを殴ったマーヴェリックが初回を取った。

2R、ゴンザレスはジャブからローを蹴り、ニータップでテイクダウンを決める。マーヴェリックはハーフで背中をマットにつかされると、足を戻してクローズドに。三角からオモプラッタに移行したマーヴェリックはトーホールドも仕掛ける。腕を抜いたゴンザレス。マーヴェリックはスクランブルに持ち込み、ケージにゴンザレスを押し込む。ヒップトスでテイクダウンを決めたゴンザレスだが、ここもマーヴェリックはハイガードを取る。オープンで後方に足を引いて立ち上がったマーヴェリックを、ゴンザレスがケージに押し込む。

マーヴェリックは体を入れ替え、ヒザ蹴りを突き上げるとダブルレッグで上を取り返す。ゴンザレスは削られたか、粘りを見せることができずに背中をつけてマウンドを奪われる。マーヴェリックは左のエルボー、十字を狙いつつ右のパンチを連打しラウンド終了を迎えた。

最終回、蹴りを多用するようになったマーヴェリックは、真正面に立ってパンチの交換にも応じる。ゴンザレスはスピニングバックフィストを放ち、バックを譲ると正面に回ったマーヴェリックがダブルレッグを決める。今度はゴンザレスがハイガードからケージキック、腰を切るも左足を抑えたマーヴェリックが足を越えてサイドで抑える。ゴンザレスはここでもケージを蹴り、後転して三角を狙う。マーヴェリックはすかしてニーインベリーからパンチ。足を絡まれそうになると離れ、立ち上がったゴンザレスをダブルレッグ&小外掛けで倒す。

ハーフでキムラを狙うマーヴェリックに対し、ゴンザレスが肩ブリッジ。すかしてバックからマウント、そしてバックグラブに落ち着いたマーヴェリックは最後まで背中に張り付き、タイムアップを迎えた。

結果はフルマークでPhoenix Series優勝者マーヴェリックが、タイトルコンテンダーのゴンザレスに判定勝ち。勝者は「トーナメントで勝ち、この階級のトップになった。これでタイトル挑戦でしょう。パールの経験を尊重していたけど、私の方が上だと証明したわ。私は22歳、ファイトキャンプを繰り返すたびに強くなっている」とマイクで話した。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie