この星の格闘技を追いかける

【UFC221】右ハイに右スピニングバックフィスト→RNC、フォルミーガが見事な一本勝ち

<フライ級/5分3R>
ジョズエ・フォルミーガ(ブラジル)
Def.3R1分43秒by RNC
ベン・ヌグエン(米国)

先に組みついたヌグエンが、フォルミーガをケージに押し込む。ヒザ&ヒジを入れたヌグエンは体を入れ替えられそうになると離れる。すぐに組み合いとなり、ケージに再びフォルミーガを押し込んだヌグエンは、時間を置いて自ら間合いを取り直す。ヌグエンの打撃に組みつくが、ケージレスリングで主導権を握ることがフォルミーガはできない。ヌグエンの右ハイに右を合わせたフォルミーガは、ローキックにシングルからボディロックに移行しテイクダウンに成功する。

そのままサイドで抑えたフォルミーガは、パンチを入れて一気にマウントへ。ヌグエンは腰を押すが、足を戻すことができない。低い位置ながら優れたキープ力を見せたフォルミーガはこのままの態勢で初回を戦い終えた。

2R、打撃戦から組み合いの展開のなか、ヒジを受けたフォルミーガが額をカットし流血が見られる。ヌグエンは優れたテイクダウンディフェンスを見せるが、ローキックにダブルレッグを合わされてしまう。初回と違いクローズドガードを取ったヌグエン。足が開くと、すぐにフォルミーガが左足を抜き、枕を作ってパスから一気にマウントを狙う。この機にスクランブルに持ち込み、さらにバックも許さなかったヌグエンは、打撃の間合いに戻ることに成功する。ヌグエンはワンツーを入れたものの劣勢を五部に戻しただけで、アイポークのブレイクを経て2Rが終わった。

最終回、前に出ながらリードアッパーを当てたヌグエン。フォルミーガも接近戦で組むのではなく左フックを振るっていく。ヌグエンのハイの直後にスピニングバックフィストでダウンを奪ったフォルミーガは、直後にバックマウントを奪いRNCでヌグエンを眠らせた。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY