この星の格闘技を追いかける

【Shooto】距離を支配した祖根、蹴りでフルスイングを封じて環太平洋王座を奪取

<修斗環太平洋バンタム級王座決定戦/5分3R>
祖根寿麻(日本)
Def.2-0:29-28.29-28.30-30
魚井フルスイング(日本)

いきなり2人のミドルが交錯し、バランスを崩した魚井は立ち上がって左をフルスイングする。サウスポーの魚井に対して、祖根はシャドーボクシングするようにプレッシャーをかけていく。ここで魚井は左ストレートから飛び込んでパンチを強振。祖根がそれに合わせて組み付こうとすると、魚井はそれを許さない。

互いに距離を探り合う中、魚井が重心を沈めて左右のフックで突進。祖根の蹴り足を取って左ストレートを打ち込むと、この圧力で祖根がバランスを崩す。しかし祖根もすぐに態勢を立て直して、右を返す。逆に今度は祖根がシングルレッグから魚井の片足を持ち上げ、魚井のパンチをもらいながらも魚井の後ろに回り込んでテイクダウンを仕掛ける。

2Rも先にプレッシャーをかけていくのは祖根。パンチのフェイントから右のハイキックを放ち、魚井も左フックを打ち返す。祖根は右ミドルを蹴って前に出て、顔面とボディにパンチを打ち分けて右ハイキックへ。これをガードした魚井は左ストレート・左フックで突進するが、そこに祖根が組み付いてケージに押し込む。差し合いになると祖根が離れ際に右ヒジをねじ込み、スタンドの攻防に戻る。ここで祖根はパンチのフェイントから右ミドルを連発。魚井も返しの右フックを狙うがクリーンヒットはない。

3R、ここも祖根が右ミドルで先制。魚井も距離が詰まれば左右のパンチをフルスイングする。しっかり距離を作って右ミドルを蹴り込む祖根。魚井も右フックを狙うが、祖根の蹴りを捌ききれない。祖根は距離を取りながら真っ直ぐの右ストレートを当て、魚井のパンチを空振りさせて右ミドルを蹴り込む。残り40秒、祖根はケージを背負う魚井にダブルレッグに入り、そのまま後ろに回り込む。この体制で試合終了のブザーが鳴らされた。判定は2-0で祖根に軍配が上がり、祖根が新王座に就いた。

試合後、祖根は「名古屋、沖縄から応援に来てくれてありがとうございます。正直ジムを持ってここまで来れると思っていなくて、他の選手に頑張ってもらおうと思ったんですけど、下の子には負けたくないと思って頑張りました。ここまで育ててくれた志村館長ありがとうございます。そして僕はスポンサーのみなさんに支えられて格闘技が出来ています。ありがとうございます」と周囲に感謝の言葉。「僕はまだまだ上を目指して頑張っていきたいです。RIZINとかに出て有名になってちやほやされたいです(笑)。もっと頑張りますので応援よろしくお願いします」と笑顔でマイクを締めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY