この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC27】ケージ・クリンチをヒザとヒジにつなげたウォーカーが、ムラスキからスプリット勝利

<フライ級/5分3R>
ブローガン・ウォーカー・サンチェス(グアム)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
シェリー・ムラスキ(米国)

サウスポーのウォーカーとの距離をすぐに詰めたムラスキがケージに押し込む。エルボーやヒザを繰り出すウォーカーが、オーバーフックに捉えボディにヒザを見舞っていく。小手を巻かれた状態で投げを打ったムラスキ、腹ばいになった両者が同時に立ち上がる。

ウォーカーは右ローに右を合わせられ尻餅をつき、すぐに立ち上がって組みに行く。ムラスキは首投げでトップを取ると、腕を取りに来たウォーカーをスラムのようにマットに叩きつける。ケージ際に移動し、インサイドガードからパンチを落とすムラスキは、ヒザを胸に当ててガードを割に行く。ウォーカーは草刈りから蹴り上げ、しかし背中を見せて立ち上がろうとしてバックに回れる。直後にタイムアップとなった。

2R、ウォーカーが組んでケージにムラスキを押し込み、ヒザ、右エルボーを打ち込む。右腕を差して態勢を入れ替えたムラスキもヒザを返す。ウォーカーは押し返し、エルボーを入れ、首投げを狙ったムラスキを後方にテイクダウンしようとするが、ここは倒せない。ムラスキは胸をあわせて押し込もうとするも、ウォーカーがヒザ、エルボーを繰り出し、思うように組めない。

ムラスキの投げを許さず、離れたウォーカーが左を当てる。すぐにムラスキが組んでケージ際へ。手首をコントロールし、ダブルレッグを決めたムラスキ。マウント狙いも腰を押して、外掛けヒールをウォーカーが狙ったところでラウンド終了に。

最終回、ウォーカーが右ハイから右ロー、続く右前蹴りでムラスキに尻餅をつかせる。距離が詰まるとワキを潜ってバックを狙うウォーカーに対し、ムラスキが胸を合わせていく。ここもケージ際のクリンチ合戦になり、オーバーフックのムラスキが優勢の組みに。左をしっかりと差そうするとウォーカーだが、ムラスキのおっつけが有効か。互いに内側を取ろうとし、取られると首を抱えてオーバーフックというムエタイ・クリンチの流れから、ムラスキがダブルへ。

右腕を差し上げて耐えたウォーカーが、内側を取り首相撲も頭と胸を押し付けられてヒザは打てない。首を抱えるのを耐え、腕を差していく。ついにワキを括ってバックに回ったウォーカーは、ムラスキの投げを潰してテイクダウン、バックを取ろうとしたところで時間となった。

力の入ったケージ・クリンチの攻防が続いた一戦は、スプリットとなりウォーカーに凱歌が上がり、キャリア5連勝とした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY