この星の格闘技を追いかける

【ACB78】新世代シュートボクセ・ファイター、REAL暫定王者ホベルソがスルモフに打ち負ける

<147ポンド契約/5分3R>
マゴメド・スルモフ(ロシア)
Def.2R2分28秒by TKO
ブルーノ・ホベルソ(ブラジル)

体重オーバーでスルモフにイエローカードが提示され、試合がスタート。ホベルソのワンツーに右を打ち返すスルモフ。粗めワンツーから右ローを入れたホベルソ、スルモフの右をブロックしワンツーに続き、ハイを狙う。右を当てたスルモフだが、ホベルソが左ジャブを差していく。右に続き左を入れたスルモフ、すぐにホベルソがワンツーを打ち返す。

スルモフはボディ、ホベルソがボディロックからヒザを突き上げる。激しいパンチの交換が続き、スルモフが右オーバーハンドを当てる。ホベルソの左フックに対し、スルモフが左フックを打ち込む。ホベルソの前進に間合いを外したスルモフが右オーバーハンド、続いてスピニングバックキックを蹴り込む。アゴを突き出すようにパンチを振るうホベルソ、スルモフが激しいフックを連打した。

4勝2敗でホベルソに打ち勝つ、スルモフ。2R、流れを掴みたいホベルソが左ジャブを伸ばし、右ローを蹴り込む。直後にスルモフが右を当て、ホベルソの腰が落ちそうに。踏み止まったホベルソは、パンチを打った時に顔面ががら空きになるため、スルモフが逃さずフックを打入れる。左右のフックを連打し、スルモフがラッシュをかける。

ホベルソも打ち返すが、押されるように後方に崩れる。殴られながら、懸命にガードを取ったホベルソはエルボーを打たれ、腕十字を仕掛ける。左手を抜いたスルモフは左エルボーを2発打ち込んだところでレフェリーが試合をストップ。ホベルソはレフェリーに抗議するも、レフェリーの判断は致し方ないか。

REAL暫定フェザー級王者に打ち勝ち、テイクダウンや関節技をしっかりと潰したスルモフが、キャリア5勝目を挙げた。


PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN