この星の格闘技を追いかける

【Bellator191】ヴァレリー・レターノー、危なげないベラトール初勝利に笑顔を見せる

<女子フライ級/5分3R>
ヴァレリー・レターノー(カナダ)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ケイト・ジャクソン(英国)

レターノーのベラトール初陣、まずはジャクソンに右ローを蹴っていく。ジャクソンも左ジャブと右ロー、左前蹴りを返す。レターノーは前に出て来るジャクソンに右フックを当て、さらにワンツーを打ち込む。ローの応酬後にジャクソンの左ハイを避け、ブロックしたラターノーが右フックを再度ヒットさせる。左フック、ボディへのヒザとペースを上げてきたレターノーはワンツーを入れ、試合をリードする。

ジャクソンは距離を詰めても、右エルボーを被弾するなど思うように戦うことができない。レターノーはさらにワンツーのコンビネーションを決め、右ストレートから左ミドルを蹴り込むなど問題なくラウンドを選手した。

2R、序盤からプレッシャーを強めるレターノーが右フックを打ち、左ローでジャクソンの前足を削っていく。前に出るとパンチを被弾するジャクソンはレターノーのコンビネーションで動きが止まる場面も出て来る。ワンツー→左ハイのレターノーに対し、ジャクソンはダブルレッグでテイクダウンに成功する。直後にハイガードから三角絞めを狙ったレターノーに対し、ジャクソンが体をまたぎにいく。ここで腕十字に切り替えたラターノーは三角マウントからもう一度、腕十字をセットアップするが、ヒジが抜けて極め切れない。

立ち上がったレターノーはガードを取るジャクソンにローを連続で蹴り、レフェリーがブレイクを命じる。ジャクソンもワンツーでフックを打っていくが、左フックを顔に受けてしまった。

最終回、鋭い左ミドルを蹴り込むレターノーは、必死に踏み込んで右を伸ばすジャクソンに、楽々と右フックを当てていく。左右のフックを被弾したジャクソンは、表情も曇る。レターノーは淡々と前進にパンチを合わせ、さらにスピーディーなワンツー、左ミドルを放つ。このまま試合も淡々と進み、タイムアップに。文句なしの判定勝ちを手にしたレターノーは「ミスをしたくなかったの。時には退屈な試合で勝つ必要もある。今年は本当に長い1年だった。3連敗中だし、本当に勝利が必要だったの。世界戦、実現することを願っているわ」と笑顔を見せた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

WEF X Arzalet

ONE DAY