この星の格闘技を追いかける

【Pancrase291】鈴木琢仁のガードワークを封じ込んだ田村一聖が、貫禄の完封勝ち

<フェザー級/5分3R>
田村一聖(日本)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
鈴木琢仁(日本)

後ろ回し蹴り&カカト落としを見せ構えを変えつつ小刻みにステップを踏む鈴木が、後ろ回し蹴り。田村のローキックにシングルに出た鈴木は、引き込みハーフガードで潜ろうとする。小手で潰した田村は、ガードのなかで鈴木の三角へのセットアップを潰し、左のパンチ&エルボーを落とす。鈴木はフックガードや腰を切りつつガードから仕掛けていく。田村はワキを閉めて抑え、頑強からポスチャーで鈴木の仕掛けを潰していく。左のエルボーに続き、やや強めの右のパンチを落とした田村は足を一本抜き、タイトな抑え込みで初回を取った。

2R、鈴木は初回と同様にやや遠目の距離で目先の変わった打撃を繰り出す。田村は右ローを蹴り、スライディングにもしっかりと距離を取る。田村は寝技の防御にも自信があるのか、続くスライディングには寝技を受け入れる。鈴木の足関節にも足を抜いて、トップを取った田村。鈴木はポイントを感がると、ここで立ち上がりたかった。防御のハーフガード、フルガードに戻せない鈴木は田村に左エルボーを顔面に落とされる。

バックを伺う鈴木、田村は右腕を差し頭をつけて抑え込み腰を上げることを許さない。残り1分でブレイクが命じられ、試合がスタンドに戻る。田村の右ローに、鈴木は後ろ回し蹴り。直後に田村がテイクダウンを奪い、ギロチンを防ぎハーフから鉄槌を打ち込んだ。

3R開始直後、鈴木は後ろ回し蹴りを見せた直後に右ストレートを被弾し、田村は左服を当ててダブルレッグへ。頭を抱えてスイープを仕掛けた鈴木だが、田村はここでも左足でガードを越えて、しっかりとトップコントールへ。鈴木はハーフから左腕を田村の左ワキに差し込み、シャオリンスイープを狙う。田村はここでも胸をしっかりと付けて、この試みを潰す。頭を抱えて状態を起こそうとする鈴木を枕で潰し、潜りにも左足を引いて対処した田村は、一旦フルガードに戻されても、問題なく左足を抜いていく。

右を差して左のパンチを入れるハーフトップ・コントロールで鈴木を制した田村は、最後まえバタフライスイープの狙いを潰し試合終了に。

判定はフルガードで田村に。抑えて勝った田村、この勝利はある意味、鈴木の柔術に田村の柔術が勝ったといえる試合だった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie