この星の格闘技を追いかける

メインは壮絶名勝負、TUF9はウィルクス&ピアソンが優勝

【写真】試合開始からフルスロットルで打ち合ったディエゴとグイダ。1R中盤、ズバリ決まったハイキックも決め手にはならず、両者は3Rを戦い抜いた (C) ZUFFA

6月20日(土・現地時間)米国ネバダ州ラスベガスのザ・パールでは、ジ・アルティメットファイター(以下、TUF)シーズン9『Team US vs Team UK FINALE』が開催された。

米SpikeTVにおけるリアリティショー=TUFシーズン9、全12週のサバイバルレースを勝ちぬき決勝戦へと駒を進めたのは、ウェルター級が南カリフォルニア在住の英国人ジェイムス・ウィルクスとチームUSAのダマルケス・ジョンソン。ライト級がチームUK対決となった、ロス・ピアソンとアンドレ・ウィナーの二人だ。

前シーズンに比べれば、やや低調に終わった感もあるシーズン9だが、ウェルター級決勝では、ウィルクスが絡みつくような寝技で最後はジョンソンからチョークで一本勝ち。ライト級決勝では、インパクトこそ欠いたもののピアソンがウィナーを判定で下し、それぞれズッファとの高額契約を実現させた。


また、迎えたメインイベント=TUFシーズン1ミドル級優勝者ディエゴ・サンチェスと、初代Strikeforce世界ライト級王者クレイ・グイダの一戦では、今年度屈指のベストバウトが誕生した。試合開始からノーガードで打ち合う両者だが、的確にパンチをヒットさせたディエゴが、連打で飛びヒザ蹴りを叩き込み、左ハイキックでグイダを吹き飛ばす。

だが、ここからがグイダの本領発揮となった。2Rから息を吹き返し、テイクダウンで反撃。パウンド&エルボーを放ちながら、トップキープでポイントを奪い返すと、3Rにはディエゴも下から積極的な仕掛けをみせ、互角の展開に。注目の裁定は、2-1でディエゴの手が掲げられたが、勝ったディエゴは、「彼はマシーン、アニマルだ」とグイダを称した。

その他にも、見逃せないライト級戦、TUFシーズン2優勝者ジョー・スティーブンソンとTUFシーズン5優勝者ネイト・ディアズの一戦では、最高峰のグラップリングウォーが繰り広げられ、最後はスティーブンソンが判定勝利。一昨年、薬物所持により逮捕され、人生の出直しを誓うメルヴィン・ギラードは、ブラジルの古豪グレイソン・チバウから価値ある判定勝利を挙げた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie