この星の格闘技を追いかける

【Pancrase290】若松が翔兵のTDに削られず、打撃の猛攻でTKO。仙三への挑戦アピール

<フライ級/5分3R>
若松祐弥(日本)
Def.2R2分53秒by TKO
翔兵(日本)

右に回る若松、翔兵が左フックを見せる、下を向いたままパンチを繰り出す翔兵の動きを見て若松が右ロー。翔兵はそこに右を合わせようとする。翔兵は右を振るうと見せかけてダブルレッグ。尻もちから立ち上がった若松を翔兵がもう一度倒す。即スタンドに戻った若松のバックを取った翔兵はヒザを入れつつ、正面に回ろうとする。

オーバーフックに来た若松を大腰で投げた翔兵。スクランブルから胸を合わせてきた若松をケージに押し込む。残り1分を切り離れた両者、若松は右から左を当てて左ボディ、さらに右オーバーハンドをヒットさせた。組みと支配時間で翔兵、終盤の打撃で若松というラウンドはジャッジ3者とも前者を支持した。

2R、すぐにワンツーを入れた若松は前進してきた翔兵に右を当てる。若松の左ボディ、翔兵は右を返す。飛び込んで左を当てて翔兵は、ここでダブルレッグで尻もちをつかせる。スクランブルからバックに回った若松は、離れて右を当てる。打撃に付き合うとパンチを被弾するシーンが増える翔兵だが、右ストレートをヒットし、ダブルレッグへ。若松がこれを切る。距離を詰めた翔兵がワンツーを当てた直後に若松から右から左を当て、さらに右ストレートでダウンを奪う。ここからパウンドのラッシュを掛けた若松が勝負を決めた。

勝者は「12月、仙三選手とタイトル戦やらせてください。仙三選手、ぶっ飛ばします」と力強く宣言した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie