この星の格闘技を追いかける

【Bellator183】テイクダウンできず、ベンヘンがフレイレ兄にスプリット判定負け

<ライト級/5分3R>
パトリッキー・フレイレ(ブラジル)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ベンソン・ヘンダーソン(米国)

ベンヘンがケージ中央、フレイレがケージに沿って回る展開から、ベンヘンの右が空振りとなり位置が変わる。ケージを背負ったベンヘンにフレイレが左フックを放つ。これが空振りとなり、また金網の前に陣取ることに。ベンヘンはスーパーマンパンチもクリーンヒットはせず、フレイレの後ろ回し蹴りもガードした腕に当たるのみ。と、左ハイの直後にベンヘンの右手の指が目に入ったとフレイレがアピールし試合が中断する。

再開後、ローを蹴られたベンヘンが自らの左ハイでバランスを崩すが、すぐに立ち上がる。そこに左フックを当てたフレイレ、判断の難しいラウンドとなった。

2R、間合いの測り合いが続くなか、足元を触るフェイントを交えるようになったベンヘン。と直後にダブルレッグを仕掛けてフレイレをケージに押し込む。ケージを背にして耐え、エルボーを入れていくフレイレは、しっかりとヒザを下ろし、ワキを差していく。シングルに切り替え、後方に振り返るようにエルボーを見せたベンヘン。執拗にシングルを仕掛け、フレイレがエルボーを顔面に打ち込む。

それでもケージにフレイレを押し込むベンヘンは、2分半もシングルを続ける。ついにボディロックに移行したベンヘンだったが、逆にパトリッキーに尻もちをつかされ――立ち上がったところで2Rが終わった。

最終回、左ミドルをベンヘンが入れる。ワンツーで前に出たフレイレ。続く前進にテイクダウンを合わせようとしたが、スプロールされる。距離を詰めて打撃&テイクダウンのコンビネーションを続けるベンヘンに、パトリッキーの左ショートが当たりヒザをつく場面も。

ついには長髪を振り乱すようになったベンヘンだが、左ハイに右を合わされバランスを崩す。直後に左フックを当て、左ハイを繰り出すベンソンだが動きが落ちたか。右を当てて回るベンソンを追いかけてフレイレが、右ハイを狙う。直後にダブルレッグに出たベンヘンがケージに押し込み、ヒジを背後に突き上げる。やがてシングルに移行したベンヘンに対し、フレイレがアームドラッグからバックを伺う。すぐに胸を合わせて跳びヒザを狙ったベンヘンの着地にパンチを伸ばしたフレイが逆に飛びヒザを狙う。

かわして左ミドルを蹴ったベンヘンは、最後は足をつかってフレイレの圧をかわした。初回、2Rと判断が難しいにも関わらず、3Rは落としてもおかしくない試合運びを見せたベンヘンは、この試合をスプリットで落としライト級で世界戦を含め2連敗となってしまった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie