この星の格闘技を追いかける

【UFN117】憂流迦、フォルミーガのRNCにタップアウト

<フライ級/5分3R>
ジョズエ・フォルミーガ(ブラジル)
Def.1R4分30秒by RNC
佐々木憂流迦(日本)

リーチに勝る憂流迦に対し、フォルミーガが右ローからオーバーハンドを見せる。右フックを当てた憂流迦は、ジャブから距離を詰めてヒザを突き上げる。さらに左ミドルを続けた憂流迦が左ヒザを入れて首相撲&ヒザを繰り出す。左の蹴りを続ける憂流迦、ヒザを被弾したフォルミーガは距離を詰めることができない。

ヒザをキャッチして右を振るうフォルミーガだが、クリーンヒットはない。それでも蹴りの直後に距離が近づくと、ショートのフックが怖い。と、フォルミーガのダブルレッグ。顔を切りにかかった憂流迦だが、片足を束ねられ背中をマットにつかされる。ハーフの憂流迦から足を抜いたフォルミーガが、マウントを完成させる。ここでバックを譲り、スクランブルに持ち込もうとした憂流迦だったが、立ち上がりきることができず、片ヒザをつく。フォルミーガはここで右のて鉄槌から、そのまま右腕でRNCをセットアップ。仰向けにされ、しっかりと喉下に腕を通された憂流迦はタップを強いられた。

「日本で良いパフォーマンスを見せたくて来た。一つ一つ試合に勝っていきたい。日本でMMA初戦を戦ったんだ、ショーン・シェルビー、ダナ・ホワイト、タイトルに挑戦させてくれ」と勝者は語った。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie