この星の格闘技を追いかける

【DWTNCS02】ケイシー・ケニーが倒打で、ハミルトンを完封し判定勝ち

<フライ級/5分3R>
ケイシー・ケニー(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
CJ・ハミルトン(米国)

右ローを蹴っていったハミルトン、ケニーは左ストレートから左ハイを狙う。ハミルトンが近距離で鋭いアッパーを放ち、組みからの離れ際にもアッパーをヒットさえる。ケニーはハイキックを当てると、ハミルトンはダメージが残ったか。ハミルトンの大きな左にケニーは左を打ち込み、ケージ際でエルボーを放つ。離れたハミルトンは、口が開いている状態でロングアッパーを放つも、ヒザ蹴りを被弾する。左ストレートから、ワンツー、さらに左ストレートとケニーが攻勢に出る。

残り90秒、ハミルトンが右フックを当てるとケニーは左ボディストレートを入れ、ケージに押し込んでエルボーを顔面に打ち込む。態勢を入れ替えたハミルトンだが、ヒザを受けて逆に押し込まれるなどラウンド最後までケニーの優勢が続いた。

2R、サイドキックで蹴りを取るハミルトンに対し、ケニーが左ミドルを蹴っていく。ハミルトンの遠目からの右ミドルもケニーは左フック、さらにダブルレッグでケージに運びアンクルピック、シングルからバックに回る。胸を合わせて離れた両者、ケニーは左ストレート&左ロー、ハミルトンはワンツーを返す。

ケニーはダブルレッグからバックに回ると、ワンフックで後方に自ら倒れ両足をフックする。RNCを狙うケニー、ハミルトンは手首を掴んで耐える。ハミルトンが胸をあわせに行き、ケニーは腕十字を狙う。腕が抜けてスタンドに戻ると、ハミルトンのテイクダウン狙いをがぶったケニーがバックに回る。引き込んでハミルトンにパンチを入れたケニーが、この回も取った。

最終回はケニーの左ミドルでスタート。ハミルトンは右ハイを2度狙ったが、バランスを崩し気味で疲れているのが伝わってくる。ケニーはシングルで倒し、自らはスタンドで待つ。UFCとの契約を勝ち取るために、明らかにスタンドでのフィニッシュを狙うケニー。しかし、ハミルトンからすればその方が逆転の目もあるか。ヒザを入れたハミルトンは、右アッパーを空振り。

ケニーはダブルレッグを完璧なタイミングで決め、ハーフからパスを狙いつつ固めてエルボーを落とす。ハミルトンのキムラクラッチはパス封じのディフェンスか。そのクラッチを支点にパスを決めたケニーがバックに回り込みワンフック、ここからのハミルトンの守りは固く試合はタイムアップとなった。

ケージに上がり勝利をアピールするケニーが、問題なく3‐0で勝利を手にしバックステージで「僕のバックグラウンドはグラップリングだけど、打撃で戦えるところを見せたんだ。ハミルトンも良いパンチを持っていた」と語った。

PR
PR

関連記事

r t One02

Movie