この星の格闘技を追いかける

【UFN109】打撃は互角も、組みでスタシャクはノーチャンス。ムニョスが判定勝ち

<バンタム級/5分3R>
ペドロ・ムニョス(ブラジル)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ダミアン・スタシャク(ポーランド)

左ローを蹴っていったスタシャク。ムニョスがローを返し、左ミドルを蹴っていく。後ろ回し蹴りを見せたスタシャクは、構えを変えて右を伸ばす。ムニョスの右ハイ、右ミドルにスタシャクは右アッパーから、ダブルレッグへ。ここでムニョスは得意のギロチンも、自らリリースする。スタシャクの後ろ回し蹴りに、ムニョスは右オーバーハンド、首相撲&ヒザを突き上げる。スタシャクは右アッパーを打ち込むが、ムニョスは前に出て右ミドル、スタシャクは組みからヒザ、右を当てる。

ムニョスのテイクダウンを潰し、右アッパーと左フックを入れたスタシャクは、テイクダウン狙いを切り、右を当てるとヒザ蹴りをキャッチしてテイクダウン。初回はスタシャクが取ったか。

2R、思い切り右を振るうムニョス。スタシャクはスピニングバックキック、直後にムニョスが左ジャブを当てる。スタシャクに右アッパーに、ムニョスは左を返す。ワンツーを打ち、間合いを取り直したスタシャクにムニョスは右を放っていく。

ムニョスは右ミドルをキャッチされたが、テイクダウン狙いを切ってバックに回る。胸を合わせたスタシャクに右フックを当てたムニョスは、ローに合わせた右を被弾する。残り1分で放ったダブルレッグを切られたムニョスに対し、スタシャクはワンツー、右ハイをキャッチしてテイクダウンを狙うが、ムニョスが切ってスタンドに戻った。

最終回、ムニョスのテイクダウンを切ったスタシャクがスピニングバックフィスト。ムニョスは近距離でヒザ蹴り、頭が下がったところでギロチン。スタシャクが頭を抜くと、再びヒザ蹴りを見せる。スタシャクはダブルレッグから引き込む。自ら下を選んでしまったスタシャクはブレイクでスタンドに戻ると、後ろ回し蹴り。右を入れ、首相撲&ヒザ蹴りをムニョスが2発放つ。スタシャクは後ろ回し蹴りをボディに突き刺し、右アッパー&ヒ左フックを当てる。打撃では互角のスタシャクだったが、ムニョスはがぶってグラウンドに持ち込むや、簡単にバックを取り立ち上がったスタシャクを豪快に投げる。

この後も腰をコントロールして、2度テイクダウンし、右を当てる。スタシャクも右アッパー、後ろ回し蹴りをボディに入れたが組み技で粘れなかったのは痛かった。結果、3‐0でムニョスの手が挙げられた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie