この星の格闘技を追いかける

【KSW39】クレベル・コイケ、初回と最終回にバックマウント奪い新KSWフェザー級王者に!!!!

Kleber Koike【写真】道着&黒帯の上からKSWフェザー級のベルトを巻いたクレベル(C)INFY

<KSWフェザー級選手権試合/5分3R>
クレベル・コイケ(ブラジル)
Def.
マルチン・ロゼク(ポーランド)

和太鼓の演奏で入場したクレベル。タッチグローブから左ジャブを伸ばす両者、クレベルは左ミドルを繰り出すが、ロゼクがショートフックを当てる。腰が落ちかけて危ないシーンもあったクレベルが左フックをヒットして前に出る。ロゼクもフックを返し、両者が間合いを取り直す。粗いが速いフックで前に出るクレベルだが、右フック、右ストレートを被弾する。クレベルは直後に組みついてボディロックから一気にテイクダウンを奪い、鉄槌を落とすダースを伺う。

ロゼクが立ち上がろうとしたところでバックに回ったクレベルが両足をフックする。RNC狙いからパンチを繰り返すクレベルは、立ち上がったロゼクの顔面に後方からパンチを入れRNCへ。ヒジを押して防ぐロゼクだが、スタンドでバックマウントを許した状態が続く。クレベルが自ら足を着地させると、ロゼクは胸を合わせて離れたがこの回はクレベルのラウンドとなった。

2R、パンチの交換から左ミドルを入れたクレベルは、ロゼクのフックの連打にもパンチを打ち返す。シングルからボディロック、後方へ投げるようにテイクダウンを奪ったクレベルに対し、ロゼクは下からヒジを連続で打ち込む。ケージにロゼクを押し込みパンチを連打したクレベルは、スクランブルのなかでバックを許す。すぐに胸を合わせてダブルから引き込んだクレベルに対し、ロゼクはスタンドに戻る。

ここからスタンド戦となり、圧力でロゼルがクレベルを上回る。ケージを背にしてプレッシャーをあびながら、クレベルはロングフックで前に出る。しかし、右オーバーハンドを被弾しケージ際に下がる。やや疲れた感のあるクレベルは、首相撲から荒いフックを振り回す。ケージに詰められ後ろ回し蹴り、フックからローを蹴ったクレベルだが、終了直前に組んでテイクダウンを狙ったロゼクがラウンドを取り返した。

最終回、開始直後に組んでバックに回ったクレベル。ロゼクは胸を合わせて足払いでテイクダウンも、寝技にはいかない。立ち上がったクレベルはすぐに組んで、ボディロックからテイクダウンしマウント狙い、そのままバックマウントへ。四の字フックからRNCに入ったクレベル、ロゼクはここもヒジを押し上げて防ぐ。

それでも背中が伸びたままのロゼクにパンチを入れるクレベルはバックマウントをキープする。ワキをすくいパンチを続けるクレベルは、ヒザを立てて起き上がろうとしたるロゼクを絞めていく。立ち上がったロゼクだが手をマットについており、クレベルは左足を引きよせてヒザをつかせると、執拗にRNCを続ける。残り10秒を連打でまとめたクレベルが、3Rを制した。ロゼクは両手を挙げて勝利をアピールするが、どう考えても29-28でクレベルの勝利が妥当だ。

結果、リングアナはクレベルの名前を叫び、新チャンピオン誕生。クレベル・コイケがKSWフェザー級王座に輝き、黒帯の上からチャンピオンベルトを巻いた。


PR
PR

関連記事

Movie