この星の格闘技を追いかける

【Bellator176】チャンに派手なテイクダウン許すも、マチュアがマジョリティ判定勝ち

<ライト級/5分3R>
ヴァレリウ・マチュア(モルドバ)
Def.2-0:29-28.29-28.28-28
ジャミル・チャン(オランダ)

トップを取ったマチュアは背中越しにチェンの左手を掴んで、しっかりとコントロールする。ケージ際に移動したマチュアはゴツゴツと音を立ててパウンドを落としていく。ハーフで耐えるチャンだが、シッティングをとっても再び背中をつかされて立ち上がることができない。

手をマットにつき、ケージを背にして立ち上がろうとしたチャンをギロチンで捉え、トップをキープしたマチュアが初回を取った。

2R、左ジャブを伸ばすマチュアに右ローを入れ、右フックを振るうチャン。「カモーン」と大きな声をあげるマチュアはダブルレッグに。ギロチンに抱えたマチュアは大きくリフトアップされスラム気味にテイクダウンを捉える。しかし、マチュアは倒されてすぐに立ち上がるとヒザ蹴りがチャンの急所に入り試合が中断。

再開後、マチュアは右ローをキャッチされテイクダウンを狙われたところでヒップトスで投げて逆に上を取る。左のパンチをハーフからボディ&顔面に入れるマチュアは、続いてエルボーを落とす。ここも立てないチャンだが、レフェリーがブレイクを命じる。

不満そうなマチュアに「頭突きをボディに入れない」と注意が入れられる。スタンドで試合が再開されると、チャンが右オーバーハンドを当てる。残り10秒でダブルレッグを決めたチャンがラウンドを取り返したか。

最終回、右ローを2発入れたチャンに対し、マチュアも右ローを返す。チャンは右フックからダブルレッグでテイクダウンに成功する。下からパンチ、鉄槌を入れるマチュアにチャンが右のパウンドを打ちつける。マチュアは引き続きエルボーと鉄槌を続けると、何とチャンが自ら立ち上がる。

右を打たれながら、チャンはダブルレッグで組み付いてここでも大きくスラムを決める。そのままサイドを取ったチャンは、足を一本戻されると自らガードの中に戻っていく。ガードの中から右のパンチを落とすチャンが、今度は手数で上回る。マチュアも鉄槌を返すなかタイムアップに。結果、ジャッジ2人がマチュアを支持し判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie