この星の格闘技を追いかける

【RFC37】ハーレークインVer.のソヒ、テイクダウンの差で判定勝利

<女子アトム級/5分2R>
イム・ソヒ(韓国)
Def.3-0
華DATE(日本)

サウスポーとオーソドックスを細かくスイッチして前足の蹴りを見せる華DATE。ソヒは距離が詰まると右ストレートを見せる。華DATEがパンチで前に出てくると、組みついたソヒがテイクダウン。すぐにサイドポジションに移行する。

華が足を戻すと、ソヒは身体を起こして思い切りパンチを落とす。華がガードからサブミッションを狙うと、ソヒは立ち上がる。

バックスピンキック・サイドキックを繰り出す華。ソヒがワンツーから飛び込み、もろ差しからテイクダウン。華は一旦クローズドガードを取って、ソヒがパンチを打とうとしたところで立ち上がる。

華は浴びせ蹴りも繰り出すが当たらず。終了間際にソヒがテイクダウンを奪ったところでラウンドが終わる。

2R、蹴りのフェイントを見せて距離を詰めようとする華。ソヒはそこにパンチを合わせ、距離が開くとプレッシャーをかけていく。パンチで前に出るソヒ。華が首相撲に捉えようとするが、ここもソヒがもろ差しでケージに押し込む。

ブレイク後、華が蹴りを見せて距離を詰める→ソヒがケージに押し込む→華がソヒを突き放すという展開が何度も続く。

残り45秒、ソヒがもろ差しからテイクダウンしてパンチを落とす。華も外掛けで足関節を狙うような動きで立ち上がる。最後は組みついたソヒがテイクダウンを奪ったところで試合終了となった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie