この星の格闘技を追いかける

【UFC207】テイクダウンよりも三角クラッチ&打撃。マグニーがヘンドリックスを下す

<173.5ポンド級/5分3R>
ニール・マグニー(米国/8位)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ジョニー・ヘンドリックス(米国/6位)

体重超過のヘンドリックスに対し、マグニーは前蹴り、左ジャブ、サイドキックを放っていく。左オーバーハンドから前に出たヘンドリッグスだが、マグニーはサイドステップでかわす。左ボディフックを入れたヘンドリックス。マグニーは右ミドルを返す。引き続き前蹴りでヘンドリックスを突き放すマグニーがボディにパンチを伸ばす。ヘンドリックスは左フックから組んでダブルレッグでテイクダウン、クローズドガードのなかでパンチを落とす。

ケージを押して頭を中央に向けたマグニーのハイガードを防ぐヘンドリックスは、足を越そうとはしない。手首を取ったマグニーのスイープ狙いはケージに妨げられるも、鉄槌に三角絞めを合わせる。尻餅をついて腕を引き寄せるヘンドリックスにマグニーはヒジを打ちつける。パンチを切り替えたところで初回が終了した。

2R、「テイクダウンしたらパスを狙え」という指示を受けたヘンドリックス。引き続きマグニーは前蹴り、そして右ボディストレートを入れる。ヘンドリックスも左フックから組んでテイクダウン、バックコントロールからガードを取ったマグニーのサイドを取る。マグニーはハーフに戻し、ヘンドリックスの頭を抱える。ブリッジからシングル、スクランブルを仕掛けたマグニーを潰したヘンドリックス。

それでもマグニーはハーフ&左腕を差して立ち上がることに成功する。直後にテイクダウンを取り直したヘンドリックスは足首をコントロールしてバックに回り込む。ヘンドリックスは正面に向き替え、ダブルでテイクダウン。右足を抜いたヘンドリックスはがぶってバックへ。マグニーは立ち上がったもののケージに押し込まれた状態で2R終了を迎えた。

最終回、マグニーは右前蹴り、右ミドル、ヒザ蹴りで前へ。ヘンドリックスは頭の高さを変えてテイクダウンのフェイントを見せる。パンチで前に出たマグニー。体を入れ替えられても、頭を押してテイクダウン狙いを切り距離を取り直す。左に回りながらジャブを繰り出すマグニーは、ヘンドリックスの左フックにも左回りのステップで距離を確保する。

しかし、続く左を被弾しダブルで組まれると、抱え込むフェンスから背中を許す。ヘンドリックスは自らリリースし、すぐにダブルでケージにマグニーを押し込む。股間に手を通して耐えるマグニーだったが、ついにヘンドリックスが肩に担いでスラムへ。

左腕を差して立ち上がろうとしたマグニーを潰したヘンドリックスが、トップを取り切る。残り1分を切り、トップコントロール重視のヘンドリックスの腰を蹴ったマグニーが三角絞めへ。さらにエルボーを連打するマグニー、ヘンドリックスは固まったままタイムアップを迎えた。

初回と3Rのマグニーの三角&打撃、ヘンドリックスのテイクダウン、どちらがジャッジの支持を集めるのか。結果、ジャッジ3者とも29-28でマグニーが勝利。三角絞めだけでなく、打撃を入れたことが勝因となったか。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie