この星の格闘技を追いかける

【UFN101】3R通して攻勢のベン・ウェンが、ジアン・ヘレラを寄せ付けず

LINEで送る
Pocket

<フライ級/5分3R>
ベン・ウェン(米国)
Def.3-0:30-26.30-27.30-27
ジアン・ヘレラ(米国)

ヘレラが開始早々にジャンピングサイドキックを入れ、さらに後方へ反り投げ気味のテイクダウンを見せる。すぐに起き上がったウェンはローから左で前に出る。左を2つ入れたウェンは試合を落ち着かせる。序盤の勢いは見られなくなったヘレラに左ミドルを入れたウェンは、パンチの連打で前に出て左ハイで、ヘレラに尻餅をつかせる。立ち上がったヘレラはウェンのミドルを急所に受けて試合が中断。

上手く呼吸を整える時間を取ったヘレラだが、ウェンは引き続き左ハイを狙う。ヘレラは右ボディフックを打ち込むと、ウェンは間合いを取り直す。右ミドルと右フックを決めたウェンに対し、ヘレラも左ミドルを返す。それでもパンチのラッシュを掛けるなどウェンも譲らず、ダブルレッグを防いで初回を戦い終えた。

2R、ヘレラの後ろ回し蹴りを余裕をもってよけたウェンが、ガードの上から左ハイ。続いて右と左、フックを打ち込み機先を制す。その後も首相撲&ヒザ蹴り、左ローと攻勢のウェンにヘレラも右フックを打ち込む。そのヘレラの飛びヒザの着地にフックを合わせたウェンが、左ショートを当てるなど手数でリードする。ワンツーからスピニングバックキックのコンビネーションを使ったウェン、ヘレラが最後にダブルレッグを決めた。

最終回、ウェンが左ハイからパンチのラッシュを見せ、ボディを効かせる。一瞬、たじろいだヘレラはどうしてもラウンドの入りでウェンに後れを取る。左フックを入れ、ダブルレッグを切ったウェンはタイミング良く、ワンツーや右ストレート、左ボディフックを打ち込んでいく。打つ手のないヘレラはワンツー&ローに何とか左ローを返す。残り90秒でようやく右フックを当てたヘレラだが、反撃は単発に終わる。

逆にワンツー、構えを変えて左ストレートを繰り出すウェン。試合開始直後以外は、常に攻勢だったウェンが危なげなく判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

Movie