この星の格闘技を追いかける

【UFN99】組まれ際の反応、ケージ際のクリンチに成長の跡。堀口がフルマークの判定勝ち

LINEで送る
Pocket

<フライ級/5分3R>
堀口恭司(日本/4位)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
アリ・バガウティノフ(ロシア/8位)

マイク・ブラウンとブラット・ピケットらをコーナーに入場した堀口。ワセリンを塗った後で両者とハグをしようとし、インスペクターにケージに上がるよう促されてのケージイン。両者、ワイドスタンスで間合いを図る。バガウティノフの右ローに右フックを合わせようとした堀口が右ミドル、下がってかわしたバガウティノフがサイドキックを見せる。堀口は右ハイ、バガウティノフは後ろ回し蹴りと蹴りで先制争いが続く。

堀口の飛びヒザは届かず、右足をキャッしたバガウティノフバガウティノフがテイクダウンへ。胸を合わせて立ち上がった堀口は逆にバガウティノフをケージに押し込み両ワキを差して小外掛けへ。耐えたバガウティノフの顔面にヒザを入れるも、バガウティノフもすくって投げを狙う。

脇を潜ってバックに回った堀口はワンフック&右手でバガウティノフの右腕をリストロック、左でパンチを続ける。胸を合わしつつトップを取ったバガウティノフに対し、堀口は立ち上がる。バガウティノフがボディロックからテイクダウン、堀口はすぐにスクランブルから立ち上がる。ポイント的に判断が難しいラウンドだが、2つのテイクダウンを許したことで堀口はポイントを落としたと考えるべきだろう。

2R、バガウティノフが左ハイ。後ろ回し蹴りは距離が合わなかったが、パンチが少なく蹴り中心のバガウティノフが組んでいく。体を入れ替えてヒザを腹に入れた堀口は離れて、プレッシャーを強める。堀口の右にも、バガウティノフは左を打ち返す。直後に堀口の左前腕が当たり、動きが止ったバガウティノフに右を入れる。続いてラッシュを掛けて組み付くと、バックコントロールからパンチを入れる。

バガウティノフが胸を合わせ離れ、左ミドル。間合いを外した堀口は右から左、バガウティノフもフックを狙う。堀口のワンツーに組みついたバガウティノフ。堀口はすぐに体を入れ替えると、左腕差し上げてのこのままワキを潜って3度のバックコントロールへ。リストコントロール&パンチの堀口に対し、バガウティノフが胸を合わせてシングルレッグへ。倒れず離れた堀口はラウンド終了とともに「アー」と声を発する。

最終回、「バックを取ると大きなパンチを入れろ」とブラウンに指示された堀口。左から右を放つも、バガウティノフの左を打ち返してくる。直後のバガウティノフのダブルレッグを切り、シングルに態勢を入れ替えた堀口が離れる。ワンツーからスリーを見せた堀口、バガウティノフも右から左ミドルを蹴っていく。

サウスポーからオーソに構え軸足を変えて蹴って来るバガウティノフ。堀口は後ろ回し蹴り、バガウティノフはローをいせる。鋭いシングルでドライブしてきたバガウティノフにエルボーを落とす堀口、ここでテイクダウンは絶対に取られたくない。回り込んで離れた堀口にバガウティノフが執拗に組んでくる。

腰を落としてエルボーを入れる堀口はダブルアンダーフックへ。離れたバガウティノフに堀口は左を入れ、右を差してケージに。崩してバックを伺うもバガウティノフが胸を合わせたところでタイムアップを迎えた。

ケージ際の組みの攻防に成長の跡を見せた堀口はフルマークの判定勝ち。初回も取っていたことになる。「もっと練習して、KOしたかった」と英語で話した堀口は「(ATT)でめちゃめちゃ向上したと思います。チャンピオンシップ目指して頑張ります」と日本語で言葉を続けた。


PR
PR

関連記事

Movie