この星の格闘技を追いかける

【PFC13】元WEC王者マーシャル、命拾いのPFCデビュー

2009.05.09

■第11試合 ミドル級/3分3R
ダグ・マーシャル
Def.3R終了/判定
ジェイミー・ヤラ

ハファエル・コルデイロの下で、打撃を磨いてきたマーシャル。即座に組みついてきたヤラのボディにヒザを突き上げていく。ボディと腿にヒザ蹴りを打ちわせるマーシャルが、テイクダウを狙うがヤラはロープを掴んでスタンドをキープする。

両脇を差されヤラに倒されそうになったマーシャルがロープを掴むと、ここでレフェリーのハーブ・ディーンが注意を入れる。バックを許しながらも、すぐに向き合うことに成功したマーシャルは、コーナー際で左エルボーを受けるが、直後に右ハイキックからパンチ攻撃でヤラを後退させる。


組みつかれ、またもバックを許し攻勢のままラウンドを終えることはできなかったが、終了間際のボディへのニー2発も威力があり、マーシャルが確実にヤラにダメージを与えた初回となった。

2R、左ローを警戒にヒットさせたマーシャルだったが、組みつかれてコーナーに押し込まれる。ボディをいたずらに受けるなか、反対にボディへのヒザで攻めるが、なかなかコーナーを離れることができない。

マーシャルはヤラの左フックをかわし、距離を作ることに成功したが、すぐに距離を詰められバックを与える。ハイクラッチから、ロープの外にマーシャルを運びだそうとしたヤラ。再びコーナーで左エルボーを放つと、この攻撃でマーシャルはカットし、テイクダウンを許す。パウンドを2発ほど浴びたところで、ラウンド終了となり、ヤラが息を吹き返したラウンドに。

最終ラウンド、左フックを受けて組みつかれたマーシャルは、首相撲を狙うがテイクダウンを許してしまう。ハーフからダースチョークを狙ったヤラは、スクランブルから立ち上がろうとしたマーシャルのバックを奪い、そのままチョークへ。胸を合わせ、リバーサルを狙ったマーシャル。これをギロチンで迎え撃つヤラ。首を引き抜き、スタンドへ戻ると、コーナーに押し込まれながらも、マーシャルは右エルボーを放っていく。

コーナーにマーシャルを押し込み、ボディ、顔面にパンチを放ったヤラは、時間を計算したファイトを展開する。そのまま組みついて、マーシャルをコーナーに押し込んだ状態で、試合終了を迎えたヤラ。判定は2-1でマーシャル。2&3Rは失ったように見えたマーシャルだったが、命拾いの判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie