この星の格闘技を追いかける

【Grandslam05】内藤頌貴と対戦、伊藤盛一郎<02 >「ZST王者として修斗3位には負けられない」

LINEで送る
Pocket

seiichiro-ito【写真】言葉の端々に自負が感じられた伊藤盛一郎だった (C)MMAPLANET

11月3日(木・祝)、東京都江東区ディファ有明で行われるGrandslam05で内藤頌貴と対戦する伊藤盛一郎インタビュー後編。

「判定は考えない」という伊藤、ZSTフライ級王者と修斗世界3位のマッチアップはMMA内イデオロギー闘争ともいえる。年末、RIZIN出場へのアピールとしても、KOもしくは一本勝ちする──と伊藤は力強く語った。

<伊藤盛一郎インタビューPart.01はコチラから>


──ZSTの王者として、さらに強さを求めていたということでしょうか

「ZSTの中で勝ち続けていても、パンクラスだとかDEEP、修斗と比較するとその評価は上にならない。自分がZSTの一番として、外の舞台に出て他の団体の選手を倒せば、強さという部分でも認められるかとは思っています」

──タイトル防衛戦の相手だった坂巻魅斗選手がREALで己吏人選手に負けた時はどのような気持ちになりましたか。それ以前に己吏人選手はGrandslamで松場貴志選手に敗れていました。

「『外の舞台に出て戦うなら、ちゃんと勝って来いよ』とは言いたいです。あのあとも中国の試合で負けていますし、何をやっているんだよって思います。情けないですよ……」

──それはまさに今回の伊藤選手の双肩にも掛かってくる言葉ですね。

「修斗はアマチュアから勝ち残り、プロになってからもさらに上を目指して格闘技に人生を賭けている選手が多いと感じていますが、やるからには勝ちます」

──その修斗も今では修斗から海外へ──という傾向が非常に強く、チャンピオンになると抜けていくという状況が多いです。

「昔のことは分からないですけど、内藤選手が世界3位だということも試合が決まって知りました」

──では内藤選手の印象は?

「やはり一番に来るのはのび太選手の弟だということですね。でも、スタイルはお兄さんとは全然違うような気がします。のび太選手は凄くしつこい、寝技で凄くしつこいという印象がありますが、内藤頌貴選手は何でもできる。でも、突出したものがあるわけでもない」

──伊藤選手は常に動き続ける。対して内藤選手は、要所を抑えてくる。そんなイメージです。

「なんか判定勝ちが多いですよね。自分は試合のときに判定は考えていないので。仕留めることを第一にたたっています。それはZSTで戦ってきたからなのかは分からないですけど……内藤選手はポイントを取りに行きますよね」

──ZSTの選手は互いに動く。だから相乗効果で動きやすいというのはあるかと思います。対して、ビシッとポイントを抑えてくるファイター相手に、これまで通りの試合ができる自信はありますか。

「う~ん、まぁ自分が動き回れば、相手も動き回るしかないので。ガッチリ入って来ても、そこから逃れて動けます。年末に向けてアピールをしたいので、判定勝ちじゃなくてKO、一本で勝ちます。

修斗×ZSTという形で皆は見ていると思います。で、僕はZSTのチャンピオンだし、修斗の3位のヤツには負けられないです!!」

■ 対戦カード

<フライ級/5分3R>
伊藤盛一郎(日本)
内藤頌貴(日本)

<70.3キロ契約/5分2R+EXR>
竹内幸司(日本)
鈴木淑徳(日本)

<ライト級/5分3R>
山田哲也(日本)
チョ・ヨンジュン(韓国)

<ライト級/5分3R>
星野大介(日本)
クイントン・アレンサ(南アフリカ)

<ライト級/5分2R+EXR>
上田厚志(日本)
高橋了介(日本)

<バンタム級/5分2R+EXR>
論田愛空隆(日本)
平田純一(日本)

<ミドル級/5分2R+EXR>
YOSUKE(日本)
降矢浩希(日本)

PR
PR

関連記事

Movie